平山瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平山瑞穂(ひらやま みずほ、1968年9月6日 - )は日本の小説家。男性。

1968年東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年、『ラス・マンチャス通信』で第16回日本ファンタジーノベル大賞受賞、同年暮、受賞作が新潮社より刊行されデビュー。会社勤務の傍ら執筆活動を続けていたが、2011年2月より専業作家として活動している。

エピソード[編集]

  • 小説家・随筆家の平山蘆江は曾祖父。
  • 祖母は元タカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生でもある、宝塚歌劇団13期生近江ひさ子
  • 父は日本文学研究者の平山城児、母は1962年に『白猫』で芥川龍之介賞候補にあがった加藤浩子
  • 雑誌「PRESIDENT(プレジデント)2008.1.14号」にて、「連日深夜3時まで執筆をして体を壊したことがあった。今は、必ず5時間は睡眠時間を確保するようにしている」と語っている。
  • 1作ごとに作風を大胆に変える手法で知られるが、これについて本人は「手法として選んでいることではなく、結果としてそうなってしまった」「世間で言われるほどそれぞれの作品が違っているとは思っていない。底に流れるものは常に一貫しているし、どの作品にも、それまでに書いたあらゆる作品のエッセンスが顔を覗かせる瞬間が必ずあると思う」と発言している。

作品[編集]

単行本[編集]

長編
短篇集
  • 『全世界のデボラ』 早川書房想像力の文学〉 2009年5月 ISBN 978-4152090294
    • 野天の人(SFマガジン 2005年7月号)
    • 十月二十一日の海(SFマガジン 2008年3月号)
    • 精を放つ樹木(SFマガジン 2009年4月号)
    • 均衡点(SFマガジン2009年5月増刊号「STRANGE FICTION」)
    • 棕櫚の名を(SFマガジン 2007年11月号)
    • 駆除する人々(書き下ろし)
    • 全世界のデボラ(SFマガジン 2006年1月号)

単行本未収録短編[編集]

  • 拾う神あり(小説すばる 2009年5月号)
  • 棺桶(野性時代 2010年11月号)

アンソロジー[編集]

ネット連載[編集]

  • 『シュガーな俺』 電子書籍@nifty 2006年8月~

http://www.nifty.com/ebooks/special/sugar/

主な活動[編集]

雑誌
  • PRESIDENT(プレジデント)2008.1.14号にて、「勤め人がダブルキャリアで成功する法」というコラムで掲載される。

外部リンク[編集]