平尾貴四男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平尾 貴四男(ひらお きしお、1907年7月8日 - 1953年12月15日)は日本作曲家東京市日本橋区生まれ。化粧品業を営む平尾聚泉の四男として育つ。家は裕福であった。慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部を経て慶應義塾大学医学部に進んだが、文学部独文科に転じて卒業。音楽はヴァンサン・ダンディ門下の陸軍軍楽隊長、大沼哲に師事した。

パリスコラ・カントルムセザール・フランク音楽学校1938年まで、作曲およびフルートを学ぶ。フルートの師はガストン・クリューネル。帰国してからは1948年に作曲グループ「地人会」を安部幸明らと結成。作品にオペラ「隅田川」、管弦楽曲「砧」、ヴァイオリン・ソナタ、1948年作曲の代表作ピアノソナタ、歌曲などがあり、室内楽がほとんどを占める。 戦後は国立音楽大学教授、日本現代音楽協会委員長などを務めるが、病気のため「オーボエ・ソナタ」(鈴木清三の委嘱)を最後として46歳で没。翌年、「木管五重奏曲」(東京管楽器協会の委嘱)に対して毎日音楽賞を追贈される。

妻の平尾妙子(2008年没)と娘の平尾はるなは共にピアニスト。孫の辻功はオーボエ奏者。作曲家・歌手の平尾昌晃(出生名・勇)は甥。弟子に冨田勲がいる。

主要作品[編集]

管弦楽[編集]

  • 古代賛歌
  • 俚謡による変奏曲(機織唄による変奏曲)(JOAKによる「国民詩曲」のひとつとして作曲)
  • 交響詩曲「砧」

室内楽・器楽[編集]

  • フルート組曲(フルート、ホルン、ティンパニ、チェレスタ、4ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)
  • フルート・ソナチネ(フルート小奏鳴曲)(最初は大倉喜七郎考案のオークラウロのために作曲された)
  • ピアノ五重奏曲「春麗」
  • ヴァイオリンとピアノのための子守唄 Berceuse pour violon et piano
  • ヴァイオリン・ソナタ Sonate pour violon et piano
  • フルートとヴァイオリンとピアノのための三重奏曲 Trio pour flûte, violon et piano
  • ピアノ・ソナタ(ピアノ奏鳴曲) Sonate pour piano
  • 奇想組曲(フルート、オーボエ、クラリネット、2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ)
  • 木管五重奏曲 Quintette pour flûte, hautbois, clarinette, cor et basson
  • オーボエ・ソナタ Sonate pour hautbois et piano

声楽[編集]

著書[編集]

  • これからの音楽鑑賞教育(河出書房)
  • 私たちの作曲(国土社)

訳書[編集]

外部リンク[編集]