平塚5遺体事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平塚5遺体事件(ひらつか5いたいじけん)は、2006年5月1日から2日にかけ、神奈川県平塚市アパートで男女や新生児を含む計5人の遺体が見つかった事件である。

概要[編集]

1984年の6歳男児失踪事件[編集]

1984年12月28日に神奈川県平塚市で6歳男児Aが自宅前で遊んでいるのを最後に行方不明となる事件が発生。母親Xは「買い物から帰ったらAが行方不明になっていた」と周囲に話し、捜索願を提出。母親Xはテレビに出演し、大々的に捜索を呼びかけたが成果はなかった。

それから、母親Xは男児Aが北朝鮮拉致されたと主張するようになった。

2006年の5遺体発見[編集]

2006年5月1日午前11時ごろ、神奈川県平塚市の女性Xのアパートで男性B(Xの前夫の連れ子、当時35歳)と女性C(Xの実娘・当時19歳)が死んでいるのを男性Bの母親が発見。男性Bと女性Cは異母兄妹であった。当初は無理心中と思われたが、捜査を調べていくうちに、翌日段ボール箱に乳児2遺体と男児1遺体が見つかり、計5遺体が確認されることになった。

捜査[編集]

Bの遺体の側には「死にたい。Cと一緒になりたい」という内容のBの文章があった。そのため、近親相姦の末の自殺のような筋書きが推理できないわけでもなかった。

だが、室内には「娘を殺してしまった」と母Xが書いたと思われる女性Cの殺害を仄めかすメモが発見され、これにより事件は急展開を見せる。5月3日、2006年3月以降行方を晦ましていた女性X(当時54歳)が実娘Cに対する殺人容疑で逮捕される。実娘Cは2005年10月12日以降の目撃証言が無くネット上のmixi上日記が更新が途絶えたことから、この時期に殺害されたと推測される。10月12日以降に女性Cの知人は携帯メールを送った際に「入院していた」旨の返信が女性Cの携帯から複数あったが、これらは母親Xの生存偽装工作であると考えられた。残り3遺体も母親Xの子供である可能性が高まり、遺体5人はこの女性に殺害されたのではないかという疑いも持たれた。

しかし、男性Bに関しては遺書があったため2006年3月に自殺したと認定された。また、残り3遺体に関しては死後20年近く経過しているが3遺体とも女性Xの子供であり(乳児2遺体は女性Cが生まれた前後に生まれている)、男児遺体は1984年に捜索願が出されていた長男Aと同じであることが判明(22年ぶりの発見であった)。この3遺体に関して母親Xによる犯行嫌疑の側面から捜査をしたが、公訴時効の壁(殺人罪は15年・死体遺棄罪は3年)があったため母親Xが新生児3人の死に関しては刑事訴訟で裁かれることはなかった[1]。また、男性Bの死体遺棄罪については、男性Bの自殺前から女性Xがアパートを出た後に立ち入っていた形跡が確認できないとして、女性Xの起訴はされなかった。

母親Xは知人らに多額の借金の返済を迫られており追い詰められた状況にあったという。いずれにせよ生き残っているのが母親Xのみである以上、関係者の証言としては母親Xの証言が第一に取り上げられるという問題があった。なおこの母親Xは元夫と、その後の内縁の夫がいたが、2人とも事件発覚当時死亡している。元夫は自然災害に巻き込まれた結果の死であった。内縁の夫は容疑者と関わっている最中に体調を崩し病没していた。

刑事裁判[編集]

母親Xが実娘C殺害の容疑を否認したまま、5月23日に母親Xは起訴される。母親Xは8月21日の初公判で自分は殺していないと主張。10月2日の第二回公判では真犯人は男性Bであると主張する。動機が不明のまま裁判が進んだ。

2007年5月21日に母親Xは実娘C殺害容疑で懲役17年を求刑される。同年7月23日横浜地方裁判所は「遺体を長期間放置し、周囲に娘Cの生存を装うなど不自然。母親としての情愛を感じられない冷血な犯行。男性Bに女性Cを殺害の動機はない」として懲役12年の判決が言い渡された。殺害を仄めかすメモが重要な証拠となって有罪となったが、動機も不審死の真相は分かっていない状況である。Xは控訴したが、2008年10月23日に東京高等裁判所は控訴を棄却した。

その他[編集]

  • 女性Cはmixiの会員であり、2005年10月12日までmixi上の日記(一部ではブログとも)に母親Xに対する不満などを綴っていたことが、マスメディアにより報じられた。前述の通り女性Cの死亡推定日は、日記の更新がなくなった2005年10月12日とも一致している。mixiの普及度・浸透度を示す事例となった一方、情報の出所について様々な憶測を呼ぶ事態にもなった。本件以降、同様の事例において関係者のmixiの内容が取り上げられることも多くなった。

脚注[編集]

  1. ^ 1984年12月に男児Aの行方不明となったと同じ時期である1984年2月に、札幌市で小学4年生が同じように行方不明になる城丸君事件が発生している。城丸君事件は行方不明から14年後に行方不明時に最後に接触していた女性が行方不明男児の骨を密かに持っていたことが判明したため、殺人罪の公訴時効(15年)ぎりぎりで起訴された(裁判では殺人罪の無罪が確定している)。

関連項目[編集]