平均赤血球容積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平均赤血球容積へいきんせっけっきゅうようせき: Mean Corpuscular Volume; MCV)は、血液検査の項目のひとつ。赤血球の大きさを表し、単位はfl(フェムトリットル)である。

意義[編集]

大球性貧血正球性貧血小球性貧血を見分ける際に用いられる。

計算法[編集]

その名の示すとおり赤血球の容積の平均値であり、ヘマトクリット(血液に占める赤血球の体積の割合)および赤血球数(単位体積あたりの血液に含まれる赤血球の個数)から計算することが出来る。

今、平均赤血球容積をMCV(fl)、ヘマトクリットをHt(%)、赤血球数をRBC×106(/μl)とすると、平均赤血球容積は

\mbox{MCV} =\frac{\mbox{Ht} / 100}{\mbox{RBC} \times 10^6 \mathrm{(/ \mu l)}}
=\frac{\mbox{Ht} / 100}{\mbox{RBC} \times 10^{-3} \mathrm{(/ fl)}}
=\frac{\mbox{Ht}}{\mbox{RBC}}\times 10 \mathrm{(fl)}

と表せる。

例えば、血液検査でHtが40(%)、RBCが4.5×106(/μl)であった場合、

 \mbox{MCV} = \frac{\mbox{Ht}}{\mbox{RBC}}\times 10 = \frac{40}{4.5}\times 10 \fallingdotseq 89 \mathrm{(fl)}

と計算することが出来る。


正常値[編集]

平均赤血球容積の基準値はおおむね80~100である。

平均赤血球容積がこの範囲内に収まっている貧血を正球性貧血、80より小さい貧血を小球性貧血、100を超える貧血を大球性貧血と呼ぶ。