平和台駅 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平和台駅
駅舎(2011年11月20日)
駅舎(2011年11月20日)
へいわだい - Heiwadai
鰭ヶ崎 (1.5km)
(0.6km) 流山
所在地 千葉県流山市流山四丁目483番地
所属事業者 流鉄
所属路線 流山線
キロ程 5.1km(馬橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
1316.2人/日(降車客含まず)
-2010年[1]-
乗降人員
-統計年度-
2609.6人/日
-2010年[1]-
開業年月日 1933年昭和8年)4月1日
駅構内。画像右奥が流山駅方面となる(2008年2月26日)。
駅前のスクランブル交差点(2006年1月6日)。

平和台駅 (へいわだいえき)は、千葉県流山市流山四丁目にある、流鉄流山線の駅である。かつては、この駅から東邦酒類株式会社の工場まで引き込み線が引かれていた。

平和台の名は、平和不動産が開発・分譲した住宅地に由来する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式1面1線ホームを持つ地上駅である。ホームと改札は線路の西側に設置されている。駅舎の入口付近の自動販売機コーナーは、かつての売店跡である。

入口には、「流山市ふるさと産品」の品々が飾っているディスプレーが置かれている。

利用状況[編集]

2010年(平成22年)度の一日平均乗車人員は1,247人で、流鉄6駅中4位である[2]。近年の推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 1,135
1991年 1,167
1992年 1,163
1993年 1,366
1994年 1,405
1995年 1,421
1996年 1,467
1997年 1,401
1998年 1,333
1999年 1,330
2000年 1,306
2001年 1,273
2002年 1,274
2003年 1,287
2004年 1,316
2005年 1,430
2006年 1,472
2007年 1,388
2008年 1,353
2009年 1,278
2010年 1,247

駅周辺[編集]

東側は新興住宅地(平和台)であり、流山駅付近まで広がる。南の踏切から東に向かって商店街が形成されている。

南東の西平井鰭ケ崎地区では市による土地区画整理事業が行われている[3]

西側は流山街道に沿う江戸時代からの市街地。南西側はかつての陸軍糧秣本廠流山出張所の所在地であり、戦後民間に払い下げられてキッコーマンなどの工場になった。現在では千葉県立流山南高等学校イトーヨーカドーなどになっている。

西側(駅出入口側)[編集]

東側[編集]

バス路線[編集]

最寄りのバス停は、駅東側にある「平和台駅前」、駅西側の流山街道沿いにある「流山五丁目」、駅西側にある「平和台駅入口」の3ヶ所で、いずれも駅から徒歩約5分の位置にあり、南北方面に向かう路線が経由する。

平和台駅前
流山五丁目
平和台駅入口
  • 京成バス
    • 流03 平和台駅入口 - 流山駅 - 南部中学校入口 - 流山警察署前 - 流山おおたかの森駅

隣の駅[編集]

流鉄
流山線
鰭ヶ崎駅 - 平和台駅 - 流山駅

脚注[編集]

  1. ^ 平成22年版流山市統計書 (PDF) 11 運輸・通信の章を参照
  2. ^ 千葉県統計年鑑
  3. ^ 街の紹介|西平井・鰭ヶ崎地区(にしひれ)の宅地分譲・土地情報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]