平原省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国共産党 平原省
1949年 - 1952年
簡称:


平原省の位置
平原省の位置
簡体字 平原
繁体字 平原
Píngyuán
カタカナ転記 ピンユェン
国家 中国共産党
行政級別
政府所在地 新郷市
建置 1949年
廃止 1952年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口


平原省(へいげん-しょう)は中華民国末期に中国共産党が設置した中国共産党革命根拠地

歴史[編集]

国共内戦末期、華北及び華東地区の大部分を「解放」した共産党軍は1949年8月9日、冀東、冀中、冀南、冀魯豫、太行、太原、太岳の7行政区を廃止し、旧省界を基礎に経済的、歴史的、地理的な要素を加味した上で河北省、山西省、綏遠省、平原省の設置を決定し、同年8月20日黄河の下流域をまたぐ華北平原に、河南省山東省のそれぞれ一部を分離し新設された。省会は新郷市

1952年11月15日、中央人民政府委員会第19次会議によって平原省は廃止された。 管轄行政区域は旧来の山東省と河南省の2省に編入された。

行政区画[編集]

関連項目[編集]