平井諒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平井 諒
東京ヤクルトスワローズ #67
20120503 Ryo Hirai, pitcher of the Tokyo Yakult Swallows, at Yokohama Stadium.JPG
2012年5月3日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県那賀郡粉河町(現・紀の川市
生年月日 1991年4月23日(23歳)
身長
体重
184 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト4位
初出場 2012年4月5日
年俸 670万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

平井 諒(ひらい りょう、1991年4月23日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

小学校2年生のときに野球を始める[1]。中学校では粉河シニアに所属した[1]。帝京第五高に入学後、投手転向[1]。2年夏に愛媛大会決勝戦進出した。2回戦の対新居浜東高戦ではノーヒットノーランを記録[1]。準々決勝の今治西高戦では延長10回1失点完投勝利。決勝は左太もも肉離れもあり[要出典]済美高に大敗となった。

3年夏は2回戦の対北条高戦で13奪三振を記録するなど力投した。準々決勝で秋山拓巳を擁する西条高と対戦し、被安打12、7四球、8失点で敗退した。

2009年10月29日に行われたプロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから4位指名を受ける。11月18日、契約金3500万円、年俸480万円(金額は推定)で仮契約。背番号は67。指名したヤクルトは菊池雄星今村猛に次ぐ投手と評価している[2]12月9日の入団会見では、目標として由規をあげた[3]。打撃も得意で、3年の愛媛大会では打率.600をマークした。

プロ入り後[編集]

2010年

春季キャンプは二軍スタート。4月11日のイースタン・リーグ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で3番手として公式戦に初登板し、1回2奪三振自責0の好スタートを切った。フレッシュオールスターの候補に選ばれていたが、出場を辞退[4]。しかし深刻な怪我ではなく、8月以降も順調に登板を続け、9登板、20回1/3を投げて防御率4.43、7与四死球、24奪三振を記録。ストレートの球速も9月には最速150km/hを超える成長を見せた[5]。フェニックス・リーグでも好投を見せ、秋季キャンプの一軍メンバーに選ばれている[5]

2012年
平井の投球フォーム
(2013年4月7日、明治神宮野球場)

4月8日中日ドラゴンズ戦でプロ初セーブ[6]4月28日広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げている[7]

2013年

7月2日に、横浜市内の病院で、右肩のクリーニング手術を行った[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ヤクルト 22 0 0 0 0 2 2 1 2 .500 82 19.0 21 3 5 0 1 10 0 0 12 12 5.68 1.37
2013 7 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 29 6.1 7 0 2 0 0 8 0 0 1 1 1.42 1.43
通算:2年 29 0 0 0 0 3 3 1 2 .500 111 25.1 28 3 7 0 1 18 0 0 13 13 4.62 1.38
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (2010年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d スポニチ2010年度東京ヤクルトスワローズ選手名鑑”. 2010年10月18日閲覧。
  2. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイトドラフト会議で中澤投手ら5選手を指名”. 2010年10月18日閲覧。
  3. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイトスワローズファンの前で新人7選手の公開入団発表!”. 2010年10月18日閲覧。
  4. ^ 日本野球機構オフィシャルサイトプロ野球フレッシュオールスターゲーム2010 出場者”. 2010年10月18日閲覧。
  5. ^ a b 。スポニチ小川監督 ルーキー平井を秋季キャンプに抜てき”. 2010年10月18日閲覧。
  6. ^ 平井“ドタバタ”プロ初S「“気合で行け”と言われ…」  スポニチAnnex 2012年4月9日付記事より。
  7. ^ 3年目平井がプロ初勝利 感無量「僕だけの力じゃない」スポニチAnnex 2012年4月28日付記事より。
  8. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト平井投手について”. 2013年7月4日閲覧。

関連項目[編集]