幣六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「幣六」

幣六(へいろく)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪御幣を振りかざした異形の妖怪として描かれており[1]付喪神の一つとされる[2]

同画集中の石燕の解説にも記述が無いため委細は不明だが[1]、妖怪漫画家・水木しげるらは、「事触れの紙を振りかざし、ご神託と称してデマを流し、人々を混乱に陥れる妖怪」としている[3]

妖怪探訪家・村上健司は、室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも御幣を持つ赤鬼のような妖怪があり、これがモデルである、との説を展開している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、301頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 少年社・中村友紀夫・武田えり子編 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 学習研究社〈New sight mook〉、1999年、119頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  3. ^ 水木しげる妖鬼化』1 関東・北海道・沖縄編、Softgarage2004年、94頁。ISBN 978-4-86133-004-9

関連項目[編集]