幕間劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幕間劇(まくあいげき)またはインテルメディオintermedio, 複数形:intermedi)とは、イタリアルネサンス音楽において、劇の幕間に演じられる音楽のこと。モノディマドリガル・コメディと並んで、オペラの先駆けとなったものの1つである。

解説[編集]

幕間劇は15世紀後期にはじめて作られ、上演された。17世紀まで続いたが、このジャンルの発展のピークは16世紀後半のことである。1600年以降はほとんどの部分がオペラに吸収され、幕間劇は決まった場所(たとえば学校の中)を舞台とした、非=音楽劇として続き、オペラの幕間に演じられたりもした。

幕間劇のために書き下ろされた音楽は殆ど現存していない。多くの音楽は、マドリガーレや器楽曲として書かれた音楽を幕間劇に使っていたのである。幕間劇の題材としては、神話もしくは牧歌が選ばれることが多く、衣裳を着た歌手や俳優が、マイムあるいはダンスで表現した。フィレンツェフェラーラといった都市では、貴族の結婚式、公式行事が、幕間劇の上演される場所だった。メディチ家の結婚式で演じられた幕間劇に関する記録が、その内容(音楽・アクション)をもっとも良く伝えていて、たくさんの絵画や彫刻を施された舞台セットも現存している。音楽は、器楽編成のものもあれば、歌手・ダンサー・マイムが出るもの、凝った演出のものもあり、それは時代によって様々で、時にはそれらすべてを取り入れたものもあった。

16世紀になると、幕間劇はさらに複雑なものになっていき、「劇中劇」という形を取る場合も多かった。たとえば、5幕の劇の間に入る4つの幕間劇が4部構成で、それも各部ごと劇の進行に沿った異なる隠喩であったりした。(1539年のフィレンツェで上演された「Il commodo」では、4部がそれぞれ朝・真昼・午後・夜に分かれ、舞台では凝った人工太陽が機械仕掛けで動き、その時刻に応じた歌や踊りがなされた)。幕間劇が凝ったものになったことで、劇自体が、幕間劇のための幕間劇のようになってきたと言う、当時の批評家もいた。結局、それを許したことで、幕間劇はそれ自体として独立したものになり、当然の帰結として、歌と複数の幕という特徴が合体して、最終的にオペラに吸収されることになってしまったわけである。

ちなみに、同じ時期、フランスでも、独自の発展を遂げた幕間劇(intermedia, 複数形:intermedie)があり、イタリアの幕間劇と較べるとよりダンスに重点を置いている。イングランドの「仮面劇(マスク)」は幕間劇と多くの類似点を持ってはいるが、その起源は幕間劇とは異なり、独立した社会的な娯楽の派生物であった。

参考文献および読書案内[編集]

  • Article "Intermedio", in The New Grove Dictionary of Music and Musicians, ed. Stanley Sadie. 20 vol. London, Macmillan Publishers Ltd., 1980. ISBN 1-56159-174-2
  • Gustave Reese, Music in the Renaissance. New York, W.W. Norton & Co., 1954. ISBN 0-393-09530-4
  • The New Harvard Dictionary of Music, ed. Don Randel. Cambridge, Massachusetts, Harvard University Press, 1986. ISBN 0-674-61525-5