常呂遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

常呂遺跡(ところいせき)は、北海道北見市(旧常呂郡常呂町北見国)にある擦文文化期およびオホーツク文化期の遺跡。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

オホーツク海をのぞむ海岸に沿って常呂川の河口からサロマ湖西岸へと続く幅約300メートル、長さ約2.7キロメートルの砂丘上に立地し、2,000基以上の竪穴住居跡および墳墓と推定される多数の小形の竪穴状遺構が検出された。

擦文文化の集落遺跡としては北海道最大規模を有し、オホーツク文化期の住居跡も発見されており、特異な存在となっている。両文化の移行の問題を検討するうえでも重要な遺跡である。

東北地方北部から北海道にかけての各遺跡では、しばしば竪穴が埋没しきらず地上に大小の凹みを残存させている場合がみられるが、常呂遺跡の竪穴群はそのなかでも最大級の規模と密度を有する例として知られている。

史跡指定[編集]

1974年昭和49年)3月12日、国の史跡に指定され[1]、遺跡の保存と整備が進められた。

周辺情報[編集]

周辺は「ところ遺跡の森」として整備されており、附近には旧石器時代からアイヌ文化のものまで数多くの遺跡が散在している。ワッカネイチャーセンターへも近い。

脚注[編集]

  1. ^ 常呂遺跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯44度7分3.7秒 東経144度4分38.8秒 / 北緯44.117694度 東経144.077444度 / 44.117694; 144.077444