帯電防止剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

帯電防止剤(たいでんぼうしざい)とは、物品(固体または液体)が静電気を帯びるのを防ぐために用いられる、導電性を高める性質を持つ薬品。静電気はほこりの吸着、繊維製品や頭髪などの傷み、また放電による電子機器の破損、火災や爆発の危険など、悪影響が大きいので、積極的な除去を必要とする。導電性の低い物品が帯電すると静電気が生じるが、すぐに放電すれば静電気とはならない。従って導電性を高める物質が帯電防止剤として利用される。

用途は、物品またはその素材に添加しそれ自体の静電気を防ぐものと、物体の表面に処理するものとに分けられ、次のようなものがある。

物質の種類としては、非極性物質の導電性を高める極性物質電解質が用いられる。また界面活性剤は疎水性物質の表面で水を吸着することにより導電性を高め、さらに摩擦を弱める効果もあるので、特に多く用いられる。

関連項目[編集]