師岡熊野神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
師岡熊野神社
Morookakumano shrine.jpg
所在地 神奈川県横浜市港北区師岡町1137
位置 北緯35度31分27秒
東経139度38分8秒
座標: 北緯35度31分27秒 東経139度38分8秒
主祭神 伊邪那美尊、事解之男命、速玉之男命
社格 郷社
創建 神亀元年(724年)
本殿の様式 権現造
例祭 8月24日
テンプレートを表示

師岡熊野神社(もろおかくまのじんじゃ)は、横浜市港北区にある神社である。旧社格郷社。横浜北部の総鎮守とされる。

祭神[編集]

和歌山県熊野三山の祭神と一体で、伊邪那美尊事解之男命(熊野権現)速玉之男命祭神とする。

沿革[編集]

神亀元年(724年)、僧・全寿が空から降って来た熊野大権現の神札を当地のの大木のうろに納め祀ったと伝えられる。

仁和元年(885年)7月に光孝天皇の勅使六条中納言藤原有房卿が下向し「関東随一大霊験所熊埜宮」の勅額を賜わって以来、宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇村上天皇の勅願所として社僧十七坊が附せられた。

明治元年(1868年神仏分離の際、熊野神社と法華寺とに二分され明治3年県社に列格したが、氏子の陳情があって明治6年33ヶ村の郷社に列した。

  • 氏子地域33ヶ村:師岡、獅子ケ谷、駒岡、上末吉、下末吉、馬場、北寺尾、生麦、鶴見、東寺尾、西寺尾、東子安、西子安、白幡、東神奈川、西神奈川六角橋、三枚橋、片倉、神大寺羽沢、下菅田、岸根、鳥山、小机、篠原、菊名、大豆戸、 太尾、大曾根、樽、南綱島、北綱島
  • 奉務神社:綱島諏訪神社・太尾神社・大曽根八幡神社・樽町杉山神社・末吉神社・駒岡神明社・獅子ヶ谷上神明社・獅子ヶ谷下神明社・久末天照大神・野川神明社

社殿・境内[編集]

本殿は、権現造杮葺で、正徳2年(1712年)の創建。

附属する熊野郷土博物館は社宝、考古資料、民俗資料、刀剣、古文書等 約2000点を所蔵する。(要予約)

境内地は約4,800坪(16,000㎡)。境内の樹林はアカガシを主体とした暖帯林の自然植生をよくとどめており、「師岡熊野神社の社叢林」として神奈川県指定天然記念物になっている。門前に弁財天を祀る「い」の池、裏山に神事に使う「の」の池があり、現在は埋められ大曽根第二公園となった「ち」の池と合わせて「いのち」の池と呼ばれていた。

祭事[編集]

  • 筒粥神事 1月14日 天暦3年(949年)から続く横浜市の無形民俗文化財
  • 初午祭 2月初午の日
  • 夏の大祓 6月30日
  • 厄災除け神事 7月土用丑の日
  • 例祭 8月24日

サッカー神社[編集]

社紋は三足烏であり、熊野三山において信仰された八咫烏に由来するものと考えられる。三つ足烏は、日本サッカー協会のシンボルマークでもあるため、近年当社はサッカー神社としても親しまれ、サッカー日本代表の公式エンブレムのついた日本サッカー協会公認のお守りや絵馬が販売されている。

所在地・交通[編集]

神奈川県横浜市港北区師岡町字表谷戸1137番地

外部リンク[編集]