布薩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

布薩(ふさつ、: Uposatha(ウポーサタ): Upavasatha(ウパヴァサタ) )とは、仏教において、僧伽(僧団)に所属する出家修行者(比丘比丘尼)達が、月2回、新月と満月の日(15日・30日)に集まり[1]具足戒波羅提木叉)の戒本を読み上げ、抵触していないか確認、反省・懺悔する儀式。

在家信者においては、毎月の六斎日(8日・14日・15日・23日・29日・30日)に、通常の五戒から八斎戒へと、より厳しい戒律を守ることを言う[2]

出典[編集]

関連項目[編集]