市立堺病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 市立堺病院
Sakai Municipal Hospital.JPG
情報
英語名称 Sakai Municipal Hospital
前身 堺市立公民病院→市立堺市民病院
許可病床数 493床
感染症病床:13床
一般病床:480床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver.5.0
開設者 堺市
管理者 古河洋(院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1923年大正12年)7月
所在地
590-0064
大阪府堺市堺区南安井町1丁1番1号
位置 北緯34度34分15.6秒
東経135度28分29.5秒
二次医療圏 堺市
PJ 医療機関
テンプレートを表示

市立堺病院(しりつさかいびょういん)は、大阪府堺市堺区にある市立の医療機関医師の卒後臨床研修指定病院でもある。

以前は堺市堺区宿院町西にあったが、1996年に堺市堺区南安井町に移転し、現在に至る。市民からは略称の「堺病院」あるいは旧称の「市民病院」の名で呼ばれる。

沿革[編集]

  • 1923年 「堺市立公民病院」として宿院町東に開院。
  • 1933年 「市立堺市民病院」となる。
  • 1934年 火災により焼失、材木町に臨時診療所開設するも直後の室戸台風で被災する。
  • 1938年 宿院町西に鉄筋コンクリート3階建(中館)及び木造診療棟完成、移転する。
  • 1945年 7月の堺空襲で大被害を受ける、10月に中館復旧。
  • 1951年 「市立堺病院」と改称する。
  • 1951年 東館(鉄筋コンクリート4階建)完成する。
  • 1957年 西館及び併設伝染病棟(いずれも鉄筋コンクリート3階建)完成する。
  • 1957年 医療法に基づく総合病院となる。
  • 1961年 企業会計方式を採用する。
  • 1996年 7月、市立小学校の給食による学童集団食中毒(腸管出血性大腸菌O157感染)発生、多数の患者の診療にあたる。
  • 1996年 10月、南安井町の現在地に新築移転する(鉄筋コンクリート8階、地下1階建)。
  • 2004年 電子カルテシステム稼働する。
  • 2006年 入院診療費算定にDPCを採用する。
  • 2012年4月 「地方独立行政法人 堺市立病院機構」に移管。(2010年12月に市議会にて定款を議決)
  • 2015年中(予定) 救命救急センター整備にあわせて堺市西区家原寺町に移転予定。移転後の現病院には、清恵会病院が移転する予定[1]

診療科[編集]

交通アクセス[編集]

  • 南海高野線堺東駅2番乗り場から南海バス
    • 4系統(中回り)市立堺病院経由堺駅前行き、特5系統深井駅行き、特40系統あみだ池行き、13系統鳳西町南行きで約5分、市立堺病院前下車すぐ
  • 南海本線堺駅南口から南海バス
    • どのバスでも約5分安井町で下車、徒歩5分
  • 南海本線堺駅東口から南海バス
    • 4系統(中回り)市立堺病院経由堺東駅前行きで約15分
    • 23系統河内松原駅前行きで安井町下車、徒歩5分

その他[編集]

  • 象さん広場
病院前の広場に噴水と組み合わされた大きな象の像があり、背中に登って座ると病気が快癒するとの言い伝えがある[要出典]。「象さん広場」として患者や近隣住民に親しまれている。

脚注[編集]

  1. ^ 清恵会が市立堺病院の施設後利用者に選ばれました!

外部リンク[編集]