市民の人権擁護の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市民の人権擁護の会(しみんのじんけんようごのかい)とは、精神医学における人権侵害を調査・摘発し、精神治療の分野を正常化することを目的として、サイエントロジー教会によって1969年に設立された団体である。英語の正式名称は、Citizens Commission on Human Rights (略表記:CCHR)。現在、世界31ヶ国に130以上の支部を持ち、活動を続けている。国際本部はアメリカ合衆国ロサンゼルスにある。

国際本部の諮問委員会は、医師弁護士、教育者、芸術家、実業家など民間からの代表者や人権問題専門家の代表者で構成されている。市民の人権擁護の会が医学的、法的助言を与えることはないが、医師と共に働き、医療行為を支援している。市民の人権擁護の会の第一の関心事は「科学医学の基準に基づかない精神医学」による「診断」の「詐欺的濫用」とされている。

市民の人権擁護の会の支援者の中には、トーマス・サズ英語版博士のような精神医学の専門家もおり、設立以来、精神科医療の分野における不正や濫用、人権侵害を告発し、この分野の改革に貢献していると主張している。しかしながらこの団体の精神医学に対する考え方には批判が多い。

市民の人権擁護の会は「精神疾患は医学によって治療できるものではない」と結論付けており、「精神疾患に対する処方薬の使用は有害で詐欺的な診療である」と主張している[1]。これは作家でありサイエントロジー教会創始者のL・ロン・ハバードの精神医学に対するスタンスを反映したものである。

また団体はアメリカ同時多発テロ事件は精神科医たちによって計画されたと主張し[2]、そしてその精神科医たちが数十億年前の宇宙の大破壊を引き起こしたとも主張してきた[3]

サイエントロジー教会との関係[編集]

この団体はサイエントロジー教会の資金援助で運営されているものの[4][5]、CCHR関係者は団体の構成は多様でありサイエントロジー教会の単純さとは比較にはならないと主張している。教会とCCHRは独立しつつも連携を持つ関連団体である。1993年にアメリカ国税庁はCCHRの税額控除の申請を、国際サイエントロジー教会とその関連団体であるRTCとの合意の一環として認可した。最近までCCHRのオフィスはサイエントロジー教会内にあったが、現在では移転されている。

「精神医学:死の産業」博物館[編集]

2005年12月、CCHR は「精神医学:死の産業」博物館をカリフォルニア州ハリウッドのサンセット大通りに開館した。博物館はCCHRの主張する「精神医学の長きに渡る世界征服への基本計画」と、「アドルフ・ヒトラーがその計画で果たした中心的な役割」などについて展示しており、 さらにレポーターのアンドリュー・ガンベルによると、 「アーネスト・ヘミングウェイデル・シャノンビリー・ホリデイカート・コバーン、スポルディング・グレイらの死は精神医学に責任があるという趣旨の展示も含まれている」とのことである[2][6]

会館記念式典は2005年12月17日に行われ[7]エルビス・プレスリーの元妻であるプリシラ・プレスリーリサ・マリー・プレスリージェナ・エルフマン、ダニー・マスターソン、ジョヴァンニ・リビシ、リー・レミニ、キャサリン・ベルアン・アーチャーらをはじめとする著名なサイエントロジー信者らが出席した[8]

日本での活動[編集]

反精神医学連合との関係[編集]

同様に精神医学に否定的・反対的な主張をしている組織として「反精神医学連合」という団体が存在している。ただし、「反精神医学連合」は「市民の人権擁護の会」や「サイエントロジー教会」とは無関係の組織である(反精神医学連合ホームページの「お知らせ」を参照のこと)[9]

引用文献[編集]

  1. ^ Kent, Melissa (2006年1月18日). “Strange meeting of minds takes place”. The West Australian (Perth) 
  2. ^ a b Gumbel, Andrew (2006年1月12日). “Scientology vs. Science”. Los Angeles CityBeat (Southland Publishing). http://www.lacitybeat.com/article.php?id=3137&IssueNum=136 2006年6月8日閲覧。 
  3. ^ Hubbard Communications Office Bulletin August 26, 1982, "Pain and Sex". Cited in Atack, Jon (1990). A Piece of Blue Sky. New York, NY: Carol Publishing Group. ISBN 0-8184-0499-X. http://www.cs.cmu.edu/~dst/Library/Shelf/atack/index.html. , p. 288. "[The psychs] are the sole cause of decline in this universe ..."
  4. ^ “"Rubbish", says Dr Alexander Leaf, chief of medicine at the ECT cut in California”. New Scientist 75: 535. (July 1977). 
  5. ^ Valerie L. Love; Edna D. Copeland (1992). Attention Without Tension: A Teacher's Handbook on Attention Disorders (ADHD and ADD). Atlanta, Ga: Resurgens Press. pp. 114. ISBN 0-929519-10-8. 
  6. ^ "Showbiz Tonight," CNN, December 20, 2005
  7. ^ Opening Press Release
  8. ^ Walls, Jeannette (2005年12月22日). “Getting hitched hasn't mellowed Elton John - Gossip: The Scoop - MSNBC.com”. MSNBC. http://www.msnbc.msn.com/id/9916572/ 2006年6月8日閲覧。 
  9. ^ http://www.antipsychiatry.org/japanese.htm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

市民の人権擁護の会関連[編集]

密接に連携している団体[編集]

その他[編集]

「市民の人権擁護の会」に反対している立場[編集]

類似の主張をしている団体(「市民の人権擁護の会」には反対している)[編集]