市役所前駅 (長野県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市役所前駅
地上出入口(2009年6月)
地上出入口(2009年6月)
しやくしょまえ - SHIYAKUSHOMAE
長野 (0.4km)
(0.6km) 権堂
長野県長野市大字鶴賀上千歳町[注 1]1120-5
駅番号 N2
所属事業者 長野電鉄
所属路線 長野線
キロ程 0.4km(長野起点)
電報略号 シマ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
513人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1928年昭和3年)6月24日[1]
備考 終日駅員配置駅
改札口(北口)

市役所前駅(しやくしょまええき)は、長野県長野市大字鶴賀上千歳町[注 1]にある長野電鉄長野線駅番号はN2。普通列車とB特急が停車する。

駅構造[編集]

  • 相対式ホーム2面2線を有する地下駅有人駅である。入鋏を省略して入場する。長野大通りの下に位置し、駅舎のある地下1階には駅務室、宿直室、電気室、機械室があり、ホームは地下2階にある。エスカレーターは、2番線(地下2階)から北口の改札のある地下1階の間の上り専用のみ設置されている。
  • 北口と南口がある。南口は営業時間が限られている[1]
南口営業時間
平日の7:10〜10:00のみ(土曜日、日曜日、祝日、12月30日〜1月3日は終日休業)
  • 2007年に下りホームに電光式旅客案内装置が設置されたが、列車接近案内及び放送には対応していない。
  • 2012年9月に改札口に液晶式発車時刻表が新設された。

のりば[編集]

1 長野線 須坂小布施湯田中方面
2 長野線 長野

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

駅北口の昭和通りアルピコ交通川中島バス)の千歳町(ちとせちょう)停留所、長野大通り長電バス市街地循環ぐるりん号南千歳町(みなみちとせまち)停留所・市役所入口停留所がある。

アルピコ交通(川中島バス)[編集]

長電バス[編集]

市街地循環ぐるりん号[編集]

  • 長野駅(C01) →…→長野駅前(C16) → 南千歳町(C18)市役所入口(C19) → 権堂(C20) → 善光寺大門(C22) → 昭和通り(C26) → 長野駅

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)6月24日[1] - 長野〜権堂間の開業により錦町駅として現在の南千歳町交差点付近にて開業。
  • 1981年(昭和56年)3月1日 - 長野〜善光寺下間の地下化により地下駅化。この際、昭和通り近くまで移転し、1945年(昭和20年)から休止中の隣駅「緑町駅」を統合し、市役所前駅に改称。
  • 2001年平成13年)10月15日 - 南口利用者減少に伴い、営業時間が平日の通勤時間のみとなる。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は513人である。 近年の1日平均乗車人員の推移は下記のとおり[2]

年度 一日平均
乗車人員
2005年 563
2006年 558
2007年 534
2008年 533
2009年 530
2010年 517
2011年 503
2012年 513

隣の駅[編集]

長野電鉄
長野線
A特急
通過
B特急・普通
長野駅 (N1) - 市役所前駅 (N2) - 権堂駅 (N3)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 「上千歳町」は通称地名で、小字は「森下」[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 市役所前駅”. 長野電鉄. 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ 『長野市統計書』各年度版による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]