市原多朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市原 多朗(いちはら たろう、1950年1月2日 - )は、日本声楽家テノール歌手。山形県酒田市出身。東京藝術大学、同大学院修了。

人物・来歴[編集]

1979年、第48回日本音楽コンクール第1位、および第15回日伊声楽コンコルソ第1位。1987年芸術選奨新人賞受賞[1]

日本を代表するテノール歌手であり、主にイタリアオペラを中心としたレパートリーを持っている。正統派ベルカントの美声と表現力で、世界で活躍している[2]

主な受賞歴と海外での公演暦[編集]

1980年[編集]

二期会オペラ(日生劇場)、マスネ「ウェルテル」のタイトルロールでオペラ・デビューを飾る。  山形新聞社より「平和賞」受賞。

1981年[編集]

イタリア:ローマにてジョイント・リサイタルに出演。 

イタリア:第21回ヴェルディ国際声楽コンクール(ブッセート)にて第2位(1位無し)とAMAL賞(ミラノ賞)を受賞。

スイス:ルガーノにてスイス・イタリア放送局オーケストラによるジョイント・コンサートに出演。  

スペイン:第19回フランシコ・ヴィニャス国際コンクール(バルセロナ)にて第1位 大賞、最優秀テノール賞(プラシド・ドミンゴ賞)、ヴェルディ賞(モンセラト・カバリエ賞)の3賞を受賞。

1982年[編集]

ポルトガル:サン・カルロス国立歌劇場(リスボン)にてプッチーニ「トゥーランドット」のカラフ役にて世界のオペラ界にデビュー。(フランコ・フェラーリス指揮、ガリーナ・サヴォーヴァその他)

1983年[編集]

ポルトガル:サン・カルロス国立歌劇場(リスボン)にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役にて3公演出演。(アルマンド・ガット指揮)

イタリア:マントヴァにてエットレ・カンポガッリアー二のコンサートに出演。

スイス:グラン・テアトロ(ジュネーブ)での「仮面舞踏会」リッカルド役でルチアーノ・パヴァロッティのカバ−をする。

1984年[編集]

オーストリア:ザルツブルク音楽祭にてヴェルディ「マクベス」マルコム役を7公演、日本人歌手としては初出演する。 (リッカルド・シャイー指揮、ピエロ・カップチッリ、ゲーナ・ディミトローヴァ、ニコライ・ギャウロフその他)

フランス:パリ・オペラ座(パレ・ガルニエ)にてシーズン幕開けのヴェルディ「マクベス」マクダフ役で7公演、マルコム役で3公演出演する。 (ジョルジュ・プレートル指揮、レナート・ブル、シャーリー・ヴァーレット、ジョン・トムリンソンその他) 全仏でTV放送される。

フランス:パリ・オペラ座 R・シュトラウス「ばらの騎士」のイタリア人テノール歌手役にて4公演出演。

1985年[編集]

フランス:リヨン・オペラ座でヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で6公演に出演する。(ドナート・レンツェツティ指揮)

フランス:パリ・オペラ座で「仮面舞踏会」のリッカルド役で6公演に出演。 (指揮はアルベルト・ヴェントゥーラとジェルメッティ、ナタリア・トロイツカ、フアン・ポンス、フィオレンツァ・コッソットその他)

オーストリア:ザルツブルク音楽祭にてヴェルディ「マクベス」のマルコム役で5公演に出演する。

アメリカ:アリゾナ・オペラにてプッチーニ「トスカ」カバラドッシ役で4公演に出演し、アメリカ・デビューを飾る。(ツィリス・ガラその他)

フランス:ニース・オペラ座にてヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」のアドルノ役で4公演に出演する。 (エミール・チャカロフ指揮、ピエロ・カップッチッリ、ロバート・ロイドその他)

1986年[編集]

ジロー・オペラ賞受賞

イタリア:トリノ王立歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で6公演出演し、イタリア・デビューを飾る。 (ドナート・レンツェッティ指揮、マリア・キアーラ、フアン・ポンス、パトリーツィア・パーチェその他)

イタリア:サン・カルロス歌劇場(ナポリ)にてヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」のアドルノ役で7公演に出演する。 (レナート・ブルゾン、イレアナ・コトルバス、チェーザレ・ シエピ、その他) イタリアでFM全国中継される。

ドイツ:シュターツオーパー(ハンブルク)にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で2公演出演し、ドイツ・デビューを飾る。 (ジュゼッペ・パタネー指揮、ナタリア・トロイツカヤ、レオ・ヌッチその他)

フランス:モンペリエ・オペラ座にてヴェルディ「ルイーザ・ミラー」のロドルフォ役で2公演に出演する。

フランス:オランジュ夏の音楽祭、古代劇場(野外)にてヴェルディ「マクベス」に出演する。 (トーマス・フルトン指揮、ピエロ・カップチッリ、マーラ・ザンピエーリ、ジョン・トムリンソンその他)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてR・シュトラウス「ばらの騎士」のイタリア人テノール歌手役で6公演に出演しデビューを飾る。 (ジェフリー・テイト指揮、アンナ・トモワ・シントウ、ブリギッテ・ファスベンダー、バーバラ・ヘンドリックスその他)

アメリカ:アヴェリーフィッシャー・ホール(ニューヨーク)にてニューヨーク・フィルのヴェルディ「レクイエム」に出演する。 (ズービン・メータ指揮、レオナ・ミッチェル、シャーリー・ヴァーレット・サルミネン)

1987年[編集]

芸術選奨文部大臣賞新人賞を受賞。

ジロー・オペラ大賞受賞。

第一回村松賞受賞。

アルゼンチン:コロン劇場(ブエノスアイレス)にてヴェルディ「レクイエム」に3公演に出演する。 (ロマーノ・ガンドリフィ指揮)

フランス:モンペリエ・オペラ座にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で4公演に出演する。 (ジャン・クロード・カサドシュ指揮、ルネ・マシス、クレオパトラ・チウルカ、その他)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のパークス・コンサート(野外公演)にてプッチーニ「トスカ」のカバラドッシ役で3公演に出演する。 (ガルシア・ナバロ指揮)

イタリア:ヴェネチア・フェニーチェ歌劇場の野外公演でヴェルディ「レクイエム」に出演する。 (エリフク・インパル指揮)

イタリア:マチェラータ夏の音楽祭(野外)にてヴェルディ「椿姫」のアルフレード役で4公演に出演する。 (ダイアナ・ソヴィエロ、ピエロ・カップッチッリ、フアン・ポンス、その他)

チリ:ムニシパル劇場(サンチアゴ)にてヴェルディ「椿姫」のアルフレード役で3公演に出演し、TV生放送される。  (ミケランジェロ・ヴェルトリ指揮、ジェーン・アンダーソン、その他)

イタリア:サン・カルロス歌劇場(ナポリ)にてヴェルディ「レクイエム」に4公演出演する。 (ロリン・マゼール指揮、ズザン・ダン、ルチーア・ヴァレンティーニ・テラーニ、クルト・リードル)

1988年[編集]

カナダ:カルガリー冬期オリンピックフェスティバルにてヴェルディ「レクイエム」に2公演出演する。

イタリア:サン・カルロス歌劇場(ナポリ)にて歌劇場創立250周年記念公演のヴェルディ「ルイーザ・ミラー」のロドルフォ役で5公演に出演する。 (チェチーリア・ガスディーア、シモーネ・アライモ、その他)

フランス:リヨン・オペラ座にてヴェルディ「ルイーザ・ミラー」のロドルフォ役で出演する。 (マウリーツィオ・アレーナ指揮、ジェーン・アンダーソン、その他) DVD化され発売される。

フランス:パリ・オペラ座にてヴェルディ「リゴレット」のマントヴァ公爵役で7公演に出演する。 (アラン・ガンガル指揮、アラン・フォンダリー、マッテオ・マヌグエーラ、アリダ・フェラリー二、クリスティーヌ・バルボー、その他)

イタリア:カリアリにてプッチーニ「ラ・ボエーム」のロドルフォ役で4公演に出演する。 (マウリーツィオ・アレーナ指揮)

イタリア:スカラ座(ミラノ)にてヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」のアドルノ役で出演する。 (演奏会形式、ゲオルグ・ショルティ指揮、マーガレット・プライス、レオ・ヌッチ、パータ・ブルチュラーゼ)

1989年[編集]

イタリア:パルマ王立歌劇場のシーズン開幕公演にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で5公演に出演する。 (アンジェロ・カンポーリ指揮、マリア・キアーラ、レオ・ヌッチ、フアン・ポンス、アリダ・フェラリーニ)

イタリア:テアトロ・コムナーレ(ボローニャ)にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で2公演に出演する。 (グスタフ・クーン指揮)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてヴェルディ「リゴレット」のマントヴァ公爵役で出演する。 (ネッロ・サンティ指揮、レオ・ヌッチ、その他)

フランス:ボルドーにてボルドー管弦楽団のヴェルディ「レクイエム」に2公演とベートーベン「第九」に2公演出演する。 (アラン・ロンバール指揮、カーティア・リッチャレッリ、ジョゼ・ファンダム)

モロッコ:マラケシュにてモロッコ国王還暦記念コンサートにヴェルディ「レクイエム」を2公演とベートーベン「第九」1公演に出演、フランスTV局が生中継。

フランス:オランジュ音楽祭(野外公演、全仏TV生放送)でヴェルディ「ナブッコ」にイズマエーレ役で2公演に出演する。 (トーマス・フルトン指揮、アラン・フォンダリー、ゲーナ・ディミトローヴァ)

カナダ:カナディアン・オペラカンパニー(トロント)にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で7公演に出演する。 (ジョン・フィオーレ指揮、レオナ・ミッチェル、その他)

チリ:テアトロ・ムニシパル(サンチアゴ)にてドニゼッティ「ルチーア」にエドガルド役で4公演に出演する。 TVで生放送される。

1990年[編集]

ポルトガル:サン・カルロス国立歌劇場(リスボン)にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で3公演に出演する。 (ナタリア・トロイツカヤ、フィオレンツァ・コッソット、その他)

ポルトガル:ポルトでヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で1公演に出演する。

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場パークス・コンサート(野外)にて「リゴレット」のマントヴァ公爵役で4公演に出演する。 (マルチェッロ・パンニ指揮、アラン・フォンダリー)

フランス:オランジュ夏の音楽祭(野外)にてヴェルディ「レクイエム」に出演する。 (ジャン・クロード・カサドゥシュ指揮、レオナ・ミッチェル、ジョゼ・ファンダム、その他)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で出演する。 (アプリーレ・ミッロ、エレナ・オブラスツォワ、フアン・ポンス、その他)

酒田市より特別功労表彰(文化功労)を受賞する[1]

1991年[編集]

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてヴェルディ「リゴレット」のマントヴァ公爵役に出演する。 (グイド・アイモネマルサン指揮)

アメリカ:コスタメサ・オペラパシフィック(カリフォルニア)にてヴェルディ「仮面舞踏会」にリッカルド役で3公演に出演する。 (レオナ・ミッチェル、その他)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場パークス・コンサート(野外)にてヴェルディ「仮面舞踏会」にリッカルド役で4公演に出演する。 (ミケランジェロ・ヴェルトリ指揮、デボラ・ボイト・ルイス・クィリコ、その他)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」にリッカルド役にて3公演に出演する。 (レオナ・ミッチェル、シェリル・ミルンズ、フアン・ポンス、スミ・ジョー、その他)

1992年[編集]

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で3公演に出演する。 全米向けにFMで放送される。 (トーマス・フルトン指揮、レオナ・ミッチェル、シェリル・ミルンズ、その他)

ドイツ:ケルン歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で6公演に出演する。 (ジェームス・コンロン指揮、デボラ・ボイト、アレクサンデル・アガケ、その他)

フランス:ボルドー・オペラ座にてヴェルディ「リゴレット」のマントヴァ公爵役で5公演に出演する。 (ジョン・フィオーレ指揮、レオンティーナ・パドヴァ、アレクサンデル・アガケ、その他)

イタリア:カルロ・フェリーチェ劇場(ジェノヴァ)にてヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」のアドルノ役で出演。 (アラン・ロンバール指揮、パオロ・コー二、フェルッチョ・フルラネット、その他)

1993年[編集]

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で2公演に出演する。 全米向けにFMで放送される。 (ジョン・フィオーレ指揮、シャロン・スイート、フアン・ポンス、その他)

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてR・シュトラウス「ばらの騎士」のイタリア人テノールの役で出演する。

アメリカ:シカゴ・リリックオペラにてヴェルディ「仮面舞踏会」にリッカルド役で出演する。 (フィオレンツァ・コッソット、ハロリン・ブラックウエェル、その他)

ドイツ:ケルン歌劇場にてヴェルディ「仮面舞踏会」のリッカルド役で7公演に出演する。 (デビット・アークル指揮、パオロ・コーニ、その他)

アメリカ:シカゴにてヴェルディ「レクイエム」の野外公演に出演する。 (マキシミリアーノ・ヴァルデス指揮、その他)

1994年[編集]

アメリカ:ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にてドニゼッティ「ルチア」のエドガルド役で2公演に出演する。 (ネッロ・サンティ指揮、マリエッラ・デビィーア、フアン・ポンス、その他)

フランス:エヴィアンにてヴェルディ「レクイエム」に出演する。 (ムスティスラフ・ロストロポーヴチ指揮、パータ・ブルチュラーゼ、その他)

1995年[編集]

イタリア:トリノ王立歌劇場にてヴェルディ「シモン・ボッカネグラ」のアドルノ役で5公演に出演する。 (ダニエル・オーレン指揮、ジャンカルロ・パスクエット、ジョルジョ・ジョゼッピーニ、ロレンツォ・サッコマーニ、ニーナ・ラウティオ、その他)

イタリア:サン・カルロス歌劇場(ナポリ)にてヴェルディ「椿姫」のアルフレード役で3公演に出演する。 (ジュシー・デヴィヌ、パオロ・コーニ、その他)

1997年[編集]

イタリア:トリノ王立歌劇場にてヴェルディ「ナブッコ」のイズマエーレ約で8公演に出演する。 (ダニエル・オーエン指揮、レオ・ヌッチ、フニルッチョ・フルラネット、マリア・ドラゴーニ、その他

脚注[編集]

  1. ^ a b 市原多朗(テノール) (PDF) - 株式会社AMATI
  2. ^ 市原多朗とは - コトバンク

外部リンク[編集]

  • 市原多朗 - マネジメントを担う株式会社AMATIのページ