市ノ坪駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。上段が1975年度、下段が1982年度の市ノ坪駅。この間に荒田川の河川改修が実施され、その影響で市ノ坪駅も移設されている。

市ノ坪駅(いちのつぼえき)は、岐阜県岐阜市市ノ坪町1丁目にあった名古屋鉄道田神線である。

田神線および美濃町線全廃に伴い、2005年3月31日限りで廃駅となった。現在、駅跡地にはパチンコのZENT市ノ坪店が建っている。

当駅を始発とする列車も存在した。

駅構内[編集]

  • 開業当時は相対式2面2線だったが、荒田川改修による移転後は島式1面2線に変更された[1]
  • 駅に隣接し、名鉄600V線区車両の検査、整備を行っている岐阜工場があった。

配線図[編集]

市ノ坪駅 構内配線略図

新岐阜方面
市ノ坪駅 構内配線略図

日野橋
新関方面
凡例
出典:[2]



駅周辺[編集]

  • 岐阜市民総合体育館
  • 岐阜曙郵便局
  • 岐阜市立梅林中学校

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
田神線
競輪場前駅 - 市ノ坪駅 - 田神駅

脚注[編集]

  1. ^ 『路面電車と街並み―岐阜・岡崎・豊橋』 日本路面電車同好会名古屋支部、トンボ出版、1999年6月、67頁。ISBN 978-4887161245
  2. ^ 油原誠 「車両工場・検車区の概要」(『鉄道ピクトリアル No.473 1986年12月増刊号』、p.27,電気車研究会、1986年

関連項目[編集]