巴特爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メンケ・バータル
Mengke Bateer
新疆フライングタイガース  No.9
名前
本名 孟克・巴特尔
愛称 大巴
ラテン文字 Mengke Bateer
基本情報
中華人民共和国の旗 中国
誕生日 1975年11月20日(39歳)
出身地 内モンゴル自治区
身長 211cm
体重 140kg
選手情報
ポジション センター
背番号 9
経歴
1994-2002
2002
2002-2003
2003-2004
2004
2005-2007
2007-現在
北京ダックス
デンバー・ナゲッツ
サンアントニオ・スパーズ
トロント・ラプターズ
アルバカーキ・サンダーバーズ
北京ダックス
新疆フライングタイガース


孟克・巴特爾(もうこく ばとくじ、メンケ・バータル、モンゴル語:Мөнхбаатар、英語:Mengke Bateer、1975年11月20日-)は、中国 内蒙古 オルドス市ハンギン旗出身のモンゴル族でバスケットボール選手。姚明王治郅らと共に、「歩く万里の長城」という愛称を持ち、NBAでプレイした経験がある。中国では彼は "大巴" と呼ばれていた。「メンケ」は「永遠な」、「バータル」は「英雄」を意味する。 身長211cm、体重140kg。ポジションはセンター

経歴[編集]

1993年に18歳でバスケットボール中華人民共和国代表に選出され、1994年アジア大会に出場、1996年2000年オリンピックでは先発センターとして出場し活躍した。2001年ユニバーシアードアジア選手権ではチームを準優勝に導き、銀メダルを獲得した。1995年のユニバーシアードとアジア選手権、1998年2002年アジア競技大会1999年グッドウィルゲームズにも主力として出場した。

NBAドラフトではどのチームからも指名されなかったが、2001年の10月、デンバー・ナゲッツのトレーニングキャンプに招待される。プレシーズンゲームの2試合に出場した後解雇されたが、リーフ・ラフレンツに代わるセンターを探していたナゲッツと2002年2月に契約、王治郅に次いで2人目の中国籍NBA選手となった[1]。ナゲッツでは27試合に出場し10試合で先発、NBAで先発した最初の中国人選手になった。シーズンを通しての成績は平均5.1得点、3.6リバウンドだった。

2002年10月に、ドン・リードらとの交換でデトロイト・ピストンズへ、その数日後には、サンアントニオ・スパーズへ移籍した[2]。スパーズでは出場機会がほとんど得られず、プレイオフのロスターからも外れた。2003年7月にはトロント・ラプターズと2年契約を結んだが[3]、ここでもベンチを暖める日が続いた。

翌シーズンは、2004年10月にニューヨーク・ニックスと契約したが[4]、シーズン開幕前の11月に解雇され、しばらくはNBADLハンツビル・フライトでプレイした。

2005年2月中旬、中国プロバスケットボールリーグ北京ダックスに復帰[5]、2007年に新疆フライングタイガースへトレードで移籍した。2008-2009年CBAレギュラーシーズンMVPを獲得。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nuggets Sign Bateer”. nba.com (2002年2月26日). 2012年3月25日閲覧。
  2. ^ News briefs: Pistons trade Bateer to Spurs”. CBSスポーツ (2002年10月3日). 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ Toronto Raptors Sign Mengke Bateer”. highbeam.com (2003年7月17日). 2012年3月25日閲覧。
  4. ^ Ford isn't recovered from spinal surgery”. ESPN (2004年10月4日). 2012年3月25日閲覧。
  5. ^ Bateer highlights for Beijing Ducks' winning opener”. english.peopledaily.com.cn (2005年2月17日). 2012年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]