左翼急進党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左翼急進党
(フランス語:Parti radical de gauche)
党首: ジャン=ミシェル・バイレ
成立年月日: 1972年
党本部所在地: 13, rue Duroc, 75007 Paris
政治的立場: 左翼急進主義社会自由主義
下院議席数: 9名
上院議席数: 7名
色(イメージカラー): 黄色
ウェブサイト: 党公式サイト

左翼急進党(さよくきゅうしんとう、Parti radical de gauche、略称:PRG)は、フランス政党急進主義を掲げる政党で、2007年フランス大統領選挙では社会党から立候補したセゴレーヌ・ロワイヤル候補を応援した。

概要[編集]

1901年に創立された共和国急進社会党から、1972年フランス社会党フランス共産党との共闘に積極的な左派が離党。左翼急進運動として結党し、1998年に左翼急進党に改名した。現在の党首は元・国民議会議員で、1986年から上院議員を務めているジャン=ミシェル・バイレ急進主義社会自由主義左翼を基本理念にしている。1994年欧州議会議員選挙(6月12日、投票)では、歌手俳優映画監督ベルナール・タピを代表とする「急進的なエネルギー」を結成して臨み、上位から4番目の234万4457票(12.03%)を得て13議席を獲得、圧勝した。その後一時期急進社会党を名乗ったが、フランス民主連合に加盟している急進党(この党も正式には「急進社会党」)からの抗議によって現在の党名に変更した。2002年フランス大統領選挙では、南アメリカにあるフランス領ギアナ選出で1993年から国民議会議員を務めている女性のクリスチャーヌ・トビラを擁立した。彼女はフランスで唯一の黒人の国民議会議員であるが、66万447票(2.32%)の獲得に止まり惨敗した。欧州統合には賛成の立場で欧州憲法に賛成するキャンペーンを行った。