川西駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川西駅*
川西駅舎
川西駅舎
かわにし - KAWANISHI
富田林西口 (1.0km)
(1.4km) 滝谷不動
所在地 大阪府富田林市甲田三丁目2-29
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 長野線
キロ程 7.3km(古市起点)
大阪阿部野橋から25.6km
電報略号 カワニ
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
3,634人/日
-2010年-
開業年月日 1911年明治44年)8月15日[1]
* 改称経歴
- 1920年9月11日 川西駅→廿山駅
- 1933年4月1日 廿山駅→川西駅

川西駅(かわにしえき)は、大阪府富田林市甲田三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)長野線

駅構造[編集]

単式1面1線ホームの高架駅。棒線駅のため、河内長野行きと阿部野橋方面行きが同一ホームに発着する。改札口は地上にあり、古市寄りの1か所のみ。ホーム有効長は5両分。

なお、高架化国道309号との交差のためで、除去された踏切も1箇所だけ、駅自体も単式ということで、工事の際の近鉄側の負担比率は通常の半分であった。

また、高架駅であるため、毎年8月1日に行われるPL花火芸術の際には、ホームで花火を見物することを禁止している。その為、当日ホームには駅員や警備員を配置している。ちなみに、富田林市の歩道橋の入口には開閉式のフェンスがあるが、これは花火の際に歩道橋を封鎖するためである。

2010年5月に駅自動放送の更新により、接近時の音声が河内長野行・大阪阿倍野橋方面とも女声に変更(以前の河内長野行は男声)され、放送前の4打点チャイムがなくなり、最後の文言が「白線の内側まで」から「黄色い線まで」に変更されている。

利用状況[編集]

  • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は3,634人[2]
    • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、148位。
    • 長野線の駅(8駅、他線接続駅含む)の中では、7位。
    • 大阪府内の近鉄の駅(61駅)の中では、54位。
  • 2008年11月18日の調査では1日の乗降人員は3,953人、2005年11月8日の調査では4,211人。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
長野線
急行・準急・普通
富田林西口駅 - 川西駅 - 滝谷不動駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1911年8月29日(国立国会図書館デジタル化資料)による。『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』pp.685-686では8月1日開業。
  2. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  3. ^ 「地方鉄道停留場廃止」『官報』1920年4月21日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ 「地方鉄道停留場設置並哩程異動」『官報』1920年9月17日(国立国会図書館デジタル化資料)による。『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』p.685では8月。
  5. ^ 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 8号 関西1』新潮社、2008年、p.27

関連項目[編集]

外部リンク[編集]