川田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川田駅
駅舎
駅舎
かわた - Kawata
B14 阿波山川 (2.9km)
(4.5km) 穴吹 B16
所在地 徳島県吉野川市山川町川田64
駅番号 B15
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 徳島線
キロ程 34.8km(起点)
電報略号 カタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1914年大正3年)3月25日
備考 無人駅

川田駅(かわたえき)は、徳島県吉野川市山川町川田にある四国旅客鉄道(JR四国)徳島線である。駅番号はB15

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。木造駅舎は前面が改装されている。

無人駅。1971年(昭和46年)頃無人化された後簡易委託駅となり、駅舎内で近距離切符を販売していたが、JR四国が発足した頃に簡易委託を取り止めて、完全な無人駅となった。

かつては附近の製糸工場のための貨物輸送を行っていた。

駅周辺[編集]

旧麻植郡川田村(その後隣の山瀬町と合併して山川町になる)の中心地で、旧国道沿いに集落が広がる。知る人ぞ知る銘菓「川田まんじゅう」を扱う、「川田まんじゅう本店」が、駅のすぐ近くにある。

歴史[編集]

初代川田駅(かわだえき)は1907年(明治40年)8月28日に徳島鉄道の駅として開業、同年9月1日の国有化を経て1914年(大正3年)3月25日の新線開通に伴い廃止された。現在の川田駅は二代目に当たる。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
徳島線
阿波山川駅 (B14) - 川田駅 (B15) - 穴吹駅 (B16)

関連項目[編集]