川岸文三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川岸 文三郎
Kawagishi Bunzaburo.jpg
川岸文三郎(1931年)
生誕 1882年1月1日
群馬県
死没 1957年6月16日(満75歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1903 - 1939
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

川岸 文三郎(かわぎし ぶんざぶろう、1882年1月1日 - 1957年6月16日)は、日本陸軍軍人陸軍中将従三位勲一等功二級

経歴[編集]

群馬県出身。川岸虎造の二男として生まれる。太田中学校を経て、1903年11月、陸軍士官学校(15期)を卒業、翌年3月、歩兵少尉任官。日露戦争では、歩兵第3連隊付として出征した。1911年11月、陸軍大学校(23期)を卒業。

清国駐屯軍司令部付、参謀本部員、参謀本部付(上海)、支那駐屯軍参謀近衛歩兵第2連隊大隊長、参謀本部員、関東軍司令部付、参謀本部員、第1師団参謀などを歴任し、1924年2月、侍従武官となった。

近衛歩兵第4連隊長を経て、1931年8月、陸軍少将となり再び侍従武官に就任。独立混成第11旅団長を経て、1935年8月、陸軍中将となった。第12師団司令部付、第12師団留守司令官などを歴任し、第20師団長在任時に日中戦争が勃発し動員され、華北地方を転戦した。東部防衛司令官などを経て、1939年12月、予備役に編入された。

のち、朝鮮連盟事務局総長、興亜練成所長、大東亜練成院第1部長を歴任した。

親族[編集]

  • 娘婿 水町勝城(陸軍中佐

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。