川口市立県陽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川口市立県陽高等学校
Kawaguchi City of Kenyo High School 2.JPG
過去の名称 埼玉県川口実科工業学校
埼玉県川口市立工業学校
埼玉県川口市立青木高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 川口市
設立年月日 1973年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 全日制普通科
定時制普通科
定時制商業科
学期 3学期
高校コード 11214D
所在地 332-0034
埼玉県川口市並木1-26-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

川口市立県陽高等学校(かわぐちしりつけんようこうとうがっこう)は、埼玉県川口市並木にある男女共学の高等学校。通称は県陽(けんよう)。

沿革[編集]

  • 1942年(昭和17年) - 埼玉県川口実科工業学校開校。
  • 1946年(昭和21年) - 埼玉県川口市立工業学校と改称
  • 1948年(昭和23年) - 埼玉県川口市立青木高等学校と改称。
  • 1965年(昭和40年) - 川口市立県陽高等学校と改称。
  • 1973年(昭和48年) - 全日制開校。
  • 1992年(平成4年) - 外国語コース開設される。
  • 2003年(平成15年) - 外国語コースを国際コミュニケーションコースへ名称変更。
  • 2005年(平成17年) - 国際コミュニケーションコース募集停止。
  • 2012年5月(平成24年) - 少子化による生徒減に対応するため、川口市より川口市立県陽高等学校・川口市立川口総合高等学校川口市立川口高等学校の三校を統合廃止し、新たに一校を開校する「新校基本計画」が発表された。新校は2018年度開校予定。現在の川口総合高校に校舎を新築するとともに第1グラウンドを設ける。市立川口高校校地は第2グラウンドに再整備される。県陽高校校地は跡地利用を検討する。新校には全日制普通科(1学年10クラス400名)・全日制理数科(1学年2クラス80名)・定時制総合科(1学年3クラス480名)を設置。新校名は2016年度に決定、現在の三校は2017年度まで生徒募集を継続する[1]

部活動[編集]

  • 全日制運動部
サッカー部、新体操部、卓球部、テニス部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部
  • 全日制文化部
英語部、演劇部、音楽部、茶道部、自然科学部、写真部、書道部、美術部、軽音楽部、生活
  • 定時制運動部
バレーボール部、バスケットボール部、ソフトテニス部、卓球部、バドミントン部、軟式野球部、サッカー部
  • 定時制文化部
なし

進路[編集]

平成20年度卒業生の主な四年制大学合格先は、立教大学聖学院大学東京国際大学東洋学園大学大東文化大学など。

おもな出身者[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川口総合、市立川口、県陽の市立3高校統合へ 川口市が再編計画2012年5月29日 MSN産経ニュース

外部リンク[編集]