巌流島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
船島(巖流島)
Funashima island.jpg
海峡ゆめタワーから見た巖流島
座標 北緯33度55分58秒
東経130度55分50秒
面積 0.103 km²
海岸線長 1.6 km
最高標高 --.- m
所在海域 瀬戸内海
関門海峡
所属国・地域 日本山口県
テンプレートを表示
決闘シーンを主題とした像
島からは、関門海峡を航行する船を間近に見ることができる
島へ行き来する船舶(船着場より撮影)

巖流島(がんりゅうじま)は山口県下関市にある、関門海峡に浮かぶ島(無人島)。正式な島の名前は船島(ふなしま)であり、住所は「下関市大字彦島字船島」となっている。

概要[編集]

本州(下関市彦島)から約0.4kmの関門海峡内に位置する小島である。島全体が平らな地形であり、標高は最高地点でも海抜10mに満たない[1]。島の東海岸に設けられた遊歩道などからは関門海峡を行きかう大型船を間近に見ることができる。また、島の相当部分は公園として整備され人工海浜や多目的広場が設けられている。

宮本武蔵佐々木小次郎決闘が行われたとされることで著名となっている。決闘が行われたとされる当時は豊前小倉藩領の船島であったが、小次郎が「巖流」(「岩流」とも)を名乗った[2]ことから巖流島と呼ばれるようになった。

歴史[編集]

武蔵と小次郎が決闘を行った日時は、『二天記』(安永5年(1776年))によると慶長17年4月13日(グレゴリオ暦では1612年5月13日)に行なわれたといわれるが、それより半世紀前に書かれた立花峯均による『丹治峯均筆記』(享保12年(1727年))には武蔵19歳のときとあり、決闘時期には諸説あって実際は不明である。

かつてはすぐ隣に岩礁があり、難所として恐れられていた。豊臣秀吉名護屋から帰坂途中にここで乗船が座礁転覆したさい、毛利水軍によって助けられたと言われている。このとき船と運命を共にした船長の明石与次兵衛の名を取り、江戸時代には『与次兵衛ヶ瀬』と呼ばれていた。岩礁は大正年間、航行する船舶の増加と大型化の障害となるため爆破されたが、この部分もあわせて三菱重工業[3]によって埋め立てられ、現在の巌流島の一部となった。この埋め立てによって、もともと1万7千平方メートル程度であった島の面積は約6倍の10万平方メートルに広がった。明治中期にはコレラ患者の医療施設が立地していた[1]

第二次世界大戦の前から周辺が日本軍の要塞地帯となり、撮影はもちろん、小型キャメラすら向けることは禁止された。この軍による規制は非常に厳しく、昭和10年の吉川英治の連載小説『宮本武蔵』では、石井鶴三の描いた巖流島の挿絵に「要塞司令部許可済」との文言が添えられていたほどである。よってこの時期の島の風景写真は残っていない。武蔵の映画が多数製作されても、ロケはもちろん許可されなかった[4]

戦後、島に移住者があり一時は30世帯に達したが、のち再び減少し1973年には無人島に戻った。近年ではが生息しているという。

観光[編集]

前項の経緯もあり、土地の大半を三菱重工業が所有していたが、島内の相当部分について下関市に譲渡され、2003年に公園として整備された(現在も三菱重工業の所有地が島内に残っている)。これは同年放送されたNHK大河ドラマ武蔵 MUSASHI』の放映にあわせたもの。公園として整備されるさいに宮本武蔵と佐々木小次郎の銅像が建立されたが、小次郎の像は小次郎ゆかりの地である岩国市[5]出身の彫刻家・村重勝久の作で2002年12月に建立、武蔵の像は公募により廣瀬直樹のデザインを採用した。また、武蔵像は決闘の伝説になぞらえたかのように[6]、小次郎の像から遅れて2003年4月に建立されている。

5月のゴールデンウィークに開催される「しものせき海峡まつり」では、巖流島フェスティバルのイベントとして、コンサートや宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の再現などが行われる。

島内は禁煙であるほか、遊泳は禁止[1]である。また、ゴミを回収する施設は設けられていない。

交通[編集]

島の北端に船着場が設けられており、下関港唐戸桟橋)および北九州港門司港)から、関門汽船および遊覧船を運航するチャレンジ(唐戸発のみ)[7]により船便が運航されているほか、彦島江の浦桟橋からのチャーター船なども運航されている。[8]

舞台になった主な作品[編集]

映画
ドラマ
漫画

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』第2版 p.607-608、2004年7月、財団法人日本離島センター、ISBN 4931230229
  2. ^ 決闘の相手については、そもそも「岩流」の名が先にあり「佐々木小次郎」という姓名自体が後からつけられたものだとする説もある。詳しくは、宮本武蔵#巖流島を参照。
  3. ^ 対岸に同社の大規模な造船所(下関造船所)が立地している。
  4. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  5. ^ 大河ドラマの原作となった吉川英治作「宮本武蔵」では佐々木小次郎が周防国岩国出身として描かれている。なお、実際の小次郎は豊前国福岡県)あるいは越前国福井県)出身とする説が主流である。
  6. ^ 決闘のさい、武蔵が遅れて到着し小次郎を待たせたとされている。また、この除幕式には『武蔵 MUSASHI』で武蔵役を演じた市川新之助(当時)が招待されていたが、交通事情により羽田で予定の飛行機に搭乗できなかったため到着が30分ほど遅れている。
  7. ^ 株式会社チャレンジ(公式サイト、2011年2月27日閲覧)
  8. ^ 巌流島航路のご案内 - 下関市(2011年2月27日閲覧)

外部リンク[編集]