崔煕庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崔 煕庸
基本情報
本名 Hi Yong Choi
階級 ミニマム級ライトフライ級
身長 164cm
国籍 韓国の旗 韓国
誕生日 1965年9月13日(48歳)
出身地 大韓民国
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 19
KO勝ち 8
敗け 2
テンプレートを表示

崔 煕庸チェ・ヒヨン최희용、Hi Yong Choi、男性、1965年9月13日 - )は、大韓民国出身のプロボクサー。元WBA世界ライトフライ級王者。

来歴[編集]

1987年7月18日、プロデビュー。

1988年4月10日、4戦目で東洋太平洋ミニマム級王座獲得。2度の防衛に成功。

1991年2月2日、10戦目で世界初挑戦。同じ韓国人のWBA世界ミニマム級王者金奉準に挑み、12回判定勝ち。世界王者となった。金とは10月26日の2度目の防衛戦でも対戦し、ここでも12回判定勝ちを収めた。その後、防衛回数を4に伸ばした。

1992年10月14日、5度目の防衛戦(初の韓国外での試合)。東京両国国技館大橋秀行と対戦し、12回判定負けで王座から陥落した[1]。その後、1年余りリングから遠ざかる。

1995年2月4日、世界再挑戦。WBA世界ライトフライ級王者レオ・ガメスベネズエラ)に挑み、12回判定勝ちで2階級制覇を達成した。9月5日には大阪大阪府立体育会館山口圭司を相手に初防衛戦を行い、12回判定勝ちを収めた[1]

1996年1月13日、2度目の防衛戦。米国カルロス・ムリーリョパナマ)と対戦したが、12回判定負けで王座陥落。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
金奉準
第3代WBA世界ミニマム級王者

1991年2月2日 - 1992年10月14日

次王者
大橋秀行
前王者
レオ・ガメス
第14代WBA世界ライトフライ級王者

1995年2月4日 - 1996年1月13日

次王者
カルロス・ムリーリョ