崇元寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崇元寺石門

崇元寺(そうげんじ)は、沖縄県那覇市泊にあった臨済宗の寺で、1527年に創建されたとされている。

沖縄戦により焼失・全壊したが、三連アーチ型の石が現在でも残っており重要文化財で歴史的建造物に指定されている。かつては尚氏王統の霊を祭る寺であったが、先の大戦で焼失した。昭和30年代頃までは宗元寺跡に木造で図書館が造られ、いつも多くの人々が利用していた。その頃の門の中の様子は、まず入ると右手が小山の様になっており上には木魔王の木が林の様に立っていた。そこから下へ小さな滝が池に流れ落ち、池には鯉やカメ等がいた。反対側の左奥には階段を上った先に、なぜか紅葉が一本植えられていて、子どもの頃は何故この木は冬になると葉が赤くなるのだろうと不思議であった。(その頃の沖縄には紅葉する木々は見なかった)しかし、その図書館も、小山も滝も、その紅葉もすべて取壊され、門だけが残こり、現在は公園として整備されている。

往時の崇元寺[編集]

  • ※ 『写真集沖縄 失なわれた文化財と風俗』より、那覇出版社編集部編、初版1984年

アクセス[編集]

  • 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)美栄橋駅牧志駅からともに徒歩10分
  • 崇元寺バス停にて下車。系統番号10番、20番、22番、23番、27番、28番、29番、31番、52番、63番、77番、80番、101番、110番、120番が停車。
※参考HP:バスマップ沖縄

関連項目[編集]

座標: 北緯26度13分13.2秒 東経127度41分26.1秒 / 北緯26.220333度 東経127.690583度 / 26.220333; 127.690583