島風 (島風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島風 (駆逐艦)から転送)
移動: 案内検索
Shimakaze.jpg
艦歴
発注 1939年マル4計画
起工 1941年8月8日
進水 1942年7月18日
就役 1943年5月10日
その後 1944年11月11日戦没
除籍 1945年1月10日
性能諸元
排水量 基準:2,567トン
公試:3,048トン
全長 120.5メートル
全幅 11.2メートル
吃水 4.14メートル
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 75,000hp
最大速力 40.37ノット
航続距離 18ノットで6,000
燃料 重油:635トン
兵員 267名/294名[1]
兵装 50口径三年式12.7センチ連装砲D型 3基
96式25ミリ連装機銃 2基
93式13ミリ連装機銃 1基
零式5連装魚雷発射管 3基
九三式魚雷15本)
94式爆雷投射機 1基

島風(しまかぜ)は、1941年昭和16年)に起工した大日本帝国海軍の一等駆逐艦である。島風型駆逐艦は次世代の艦隊型駆逐艦として、16隻の建造が決定していた高速で重雷装の艦隊型駆逐艦であったが、太平洋戦争開戦による戦術の変更や、水雷戦自体の可能性の低さ、手間のかかる生産から計画は放棄され、丁型(松型駆逐艦)へと移行し、島風1隻のみとなった。 書類上の分類は丙型駆逐艦(へいがた―)。

なお、島風という名は大日本帝国海軍では峯風型駆逐艦で使用されており、この内の初代「島風」も当時の日本駆逐艦としての最高速度40.7ノットを記録しており、2代目もそれに因んで命名されている。初代は1920年大正9年)11月15日竣工。1940年(昭和15年)4月1日、哨戒艇に改装され艦種変更、「第一号哨戒艇」と改名される。2代目建造中の1943年(昭和18年)1月13日、米潜水艦「ガードフィッシュ」(USS Guardfish, SS-217)の雷撃によりオルモック沖にて戦没している。

概要[編集]

日本海軍は水雷決戦を目的とする艦隊型駆逐艦の最高峰を目指し、高速・強雷装の駆逐艦として本型を建造した。

本型の登場まで、日本海軍の駆逐艦の速力は1920年(大正9年)に峯風型駆逐艦の「島風(初代)」が打ち立てた40.698ノットが最高速度であった。後の駆逐艦は概ね35ノット前後で設計された。速いだけでは戦闘に有利にならないためである。ワシントン海軍軍縮条約の破棄およびロンドン海軍軍縮会議からの脱退で軍縮条約の制約から解かれた1937年(昭和12年)以降から速力への要求が出初め、1939年(昭和14年)には速力40ノットの艦が試験的に造られることになった。すでに、日本海軍のお家芸、水雷の分野においては、陽炎型駆逐艦が要求水準を満たしていたものの、アメリカ海軍が、駆逐艦の速力向上を目指しているという情報もあり、速力をも重視することとなった。

また、陽炎型の一艦「天津風」において採用された高温高圧缶の利用が有望視されていたが、これを島風に採用した。このほか、魚雷装備も優れており、零式5連装水上発射管は本型のために開発されたものである。次発装填装置はないものの、これは駆逐艦最大であった。初期は7連装2基の案であったが、非常時に人力での展開が不可能である為、5連装3基となった。

16隻の建造計画があったが、そもそも機関の製作が量産に向かないこと、駆逐艦による水雷戦が想定されなくなったことと、戦局の悪化により建造は「島風」1隻のみに終わった。

公試成績[編集]

「島風」は1943年(昭和18年)4月7日の過負荷全力公試排水量2,894トン、出力79,240馬力において40.90ノットを記録した。これは魚雷艇を除いた艦艇の最高記録である。ただしこの時の排水量は通常の公試の際の2/3状態(燃料など消耗品を2/3搭載した状態)でなく、より軽い1/2状態であった。

兵装の変遷[編集]

竣工時より22号(対水上用) 電探を前マストに装備した。機銃艦橋前に装備した13mm連装機銃を25mm連装に変更、25mm連装機銃は同3連装に交換した。また2番、3番魚雷発射管の間に機銃座を設け、25mm3連装機銃2基を装備、合計25mm3連装4基、同連装1基となった。また最終時には単装機銃も装備されていたと推定される。

艦歴[編集]

1941年(昭和16年)8月8日、舞鶴海軍工廠で起工。1942年(昭和17年)7月18日に進水し、1943年(昭和18年)5月10日に竣工して一等駆逐艦に類別され、呉鎮守府籍となる。

昭和18年の戦い[編集]

竣工後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(木村進少将・海軍兵学校40期)に編入[2]瀬戸内海に回航され訓練を受けた後、出撃準備を経て5月21日に柱島泊地を出撃して5月23日に横須賀に到着[3]。整備の後、輸送任務のため5月27日に出撃し、幌筵島武蔵湾には5月30日に到着する[4]。任務終了後即日出港し、横須賀経由で6月4日に柱島泊地に帰投した[5]。瀬戸内海で魚雷の試験発射が予定されたが、第一水雷戦隊司令官木村昌福少将(海兵41期)の要望で北方作戦に投入される事[6]が決まって試験発射は中止となり[7]、出撃準備に取り掛かった。

7月5日に幌筵島に到着。2日後の7月7日、キスカ島撤退作戦で「長波」「五月雨」、第二十一駆逐隊とともに警戒部隊として出撃。しかし、キスカ島方面のが晴れてきたことで作戦は中止となり[8]、幌筵島に帰投した。再挙を期して、第二次作戦は7月22日から開始。7月26日夕方に発生した多重衝突事故では右側に避けて難を逃れた[9]。7月29日午後、外洋は濃霧に包まれたキスカ島に到着する直前、第一水雷戦隊旗艦軽巡洋艦阿武隈」が敵発見の警報を発したのに応じて、「阿武隈」とともに左前方の「敵艦隊」に対して魚雷を発射するも、この「敵艦隊」の正体は湾内の岩礁であった[10]。撤退作戦は成功裏に終わり、作戦参加艦船は7月31日に幌筵島に帰投。8月3日付で北方部隊の指揮下を離れて瀬戸内海に帰投し、修理や訓練、研究試験を行って次期作戦に備えた[11]

第二水雷戦隊高間完少将・海兵41期)に編入されたのは7月10日のことだったが[12]、隊伍を組んで作戦する機会はなかなか訪れなかった。9月15日、「長波」とともに重巡洋艦鳥海」「摩耶」を護衛して横須賀を出撃し、トラック諸島に向かう[13]。翌21日、今度は空母大鷹」「冲鷹」を護衛してトラックを出港し横須賀に向かうも、9月24日に「大鷹」がアメリカ潜水艦カブリラ (USS Cabrilla, SS-288) の攻撃により航行不能となったため、爆雷攻撃を行ってカブリラを追い払った[14]。10月4日には「冲鷹」を護衛してトラックに再進出[15]。10月17日からはマーシャル諸島方面に出撃する第三艦隊小沢治三郎中将・海兵37期)と第二艦隊栗田健男中将・海兵38期)の護衛に就いた[15]。トラック帰投後はトラックに出入りするタンカーの護衛任務を行い、11月5日にはタンカー「日栄丸」(日東汽船、10,020トン)を護衛してラバウルに進出する[16]。間もなく、同じ5日に起こったラバウル空襲で損害を受けた第二艦隊中枢を護衛してラバウルを出港し、11月8日にトラックに帰投した[16]。11月15日、「玉波」とともに重巡洋艦「高雄」「愛宕」、空母「翔鶴」を護衛してトラックを出港し、11月15日に横須賀に帰投[17]。11月26日に「玉波」とともに「翔鶴」を護衛してトラックに向かい、到着後は「玉波」「早波」などとともに再びタンカーの護衛任務を行った[18]

昭和19年の戦い[編集]

1944年(昭和19年)に入ると、パラオダバオ方面でもタンカーの護衛を行うようになる。2月21日、「」とともにタンカー船団を護衛してバリクパパンを出港してダバオに向かうが、2月25日未明にミンダナオ島サンアウグスティン岬の南南西55キロ地点に差し掛かった所でアメリカ潜水艦ホー (USS Hoe, SS-258) の攻撃を受け、タンカー「日章丸」(昭和タンカー、10,526トン)が沈没し、「旭東丸」(飯野海運、10,051トン)が損傷する被害を受けた[19]。その後は一旦日本本土に戻り、4月21日にリンガ泊地に進出する戦艦大和」、重巡洋艦「摩耶」を「雪風」「山雲」とともに護衛して瀬戸内海を出撃し、マニラを経由して5月1日に到着した[20]。5月12日、リンガ泊地を出撃してタウイタウイに進出する。

この頃、ビアク島を巡って攻防が繰り広げられており(ビアク島の戦い)、日本海軍は渾作戦を発動してビアク島救援作戦を展開していたが、過去二度にわたる作戦は目的を達しえなかった。そこで、「大和」「武蔵」なども投入して上陸船団撃破と機動部隊の誘い出しを図る事となった。第二水雷戦隊旗艦軽巡洋艦能代」および駆逐艦「沖波」「朝雲」とともに、「大和」を主軸とする攻撃部隊(宇垣纏中将・海兵40期)の護衛のためタウイタウイを出撃した。攻撃部隊は6月12日にハルマヘラ島バチャンに到着し作戦開始を待ったが、6月13日になってサイパン島に対する艦砲射撃が開始されて戦局が急展開したため、同日夜にバチャンを急遽出撃して小沢中将率いる第一機動艦隊に合流すべく急行した。6月19日のマリアナ沖海戦を経て、6月22日に中城湾に立ち寄った後[21]、6月24日に柱島泊地に帰投した[22]。7月9日、「大和」「武蔵」、第四戦隊など第二艦隊の中枢を護衛して臼杵湾を出撃。途中、沖縄第三十二軍渡辺正夫中将)に対する輸送任務を行い、任務終了後はリンガ泊地に直接向かって7月16日に到着。訓練に励んだ。

10月18日、捷一号作戦発動に伴って栗田中将の第二艦隊はリンガ泊地から出動し、ブルネイ湾英語版で補給の後、10月22日に出撃した。10月24日からのレイテ沖海戦では第一部隊に属して戦闘に参加する。10月24日のシブヤン海での空襲により、「武蔵」が多数の命中弾を受けて気息奄奄となった。栗田中将の命を受けて第一部隊から離れて「武蔵」の援護に赴き[17]、10月23日にパラワン水道でデイス (USS Dace, SS-247) の雷撃で沈没したあと「武蔵」に収容されていた「摩耶」の乗員のうち562名を収容した後[17]、援護の任務を「浜風」と代わって第一部隊に復帰していった[23]。海戦の後、ブルネイ湾を経てマニラに進出し、レイテ島行きの多号作戦に投入される事となった。11月4日、レイテ沖海戦で沈没した「能代」に代わって第二水雷戦隊旗艦となり、司令官早川幹夫少将(海兵44期)の将旗が翻った[24]

最後の戦い[編集]

空襲下の島風(1944年11月11日)

多号作戦では、第三次輸送部隊に編入される[25]。第三次輸送部隊は低速で中古の輸送船5隻を中心とし、早川少将は低速船団を高速艦で護衛することに疑念を抱いて反論したが、南西方面艦隊司令長官大川内傳七中将(海兵37期)に大本営海軍部連合艦隊司令部のバックアップ、さらに「これは天皇陛下のご命令である」との「勅命」を持ち出されて観念した[26]

輸送部隊は11月9日未明3時にマニラを出撃[27]。折りしも雨が降っており、しかも雨は3日間降り続くと陸軍気象班は予想していた[28]。さらに、作戦の掩護のためブルネイ湾から第一遊撃部隊(宇垣纏中将・海兵40期)が11月8日にスールー海に向けて出撃してきた[29]。しかし、日付が11月10日に変わって状況は第三次輸送部隊にとって徐々に悪い方向に傾く。午前3時に輸送船「せれべす丸」(大阪商船、5,863トン)がルソン島ボンドック半島西岸の浅瀬に座礁し戦線を離脱[30]。また、天気も予想に反して回復の兆しにあった[31]。11時ごろには偵察のB-24 に発見される[31]。夜21時、マスバテ島東方のブラックロック水道で第四次輸送部隊(木村昌福少将)とすれ違うが、その際に第四次輸送部隊から「長波」「朝霜」「若月」の3隻が合流して、「初春」と「」が第四次輸送部隊に合流していった[32]

11月11日未明、前日のB-24 からの通報を受けた魚雷艇隊の襲撃を受けるが跳ね返す。しかし、最大の脅威である第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)が迫りつつあった。もともとはスールー海を進撃する第一遊撃部隊攻撃のために出てきていたが[33]、第一遊撃部隊が見つからなかった代わりに、第三次輸送部隊を発見したのである[34]。第三次輸送部隊は11月11日の正午ごろにオルモック湾に到着する予定であったが、その直前に電探が14,000メートルの距離に航空機の大群を探知[35]。早川少将はこれを受けて、輸送船に早急に湾内に突入して揚陸作業を行うよう命令し、駆逐艦には煙幕を張らせた[35]。第38任務部隊の艦載機347機[35]はオルモック湾に至る水道内で攻撃を仕掛け、輸送船を片付けてから駆逐艦攻撃に移った[35]

対空戦闘に際して、早川少将は誘爆を防ぐため魚雷を投棄させた[35]。狭い湾内での戦闘だったが、その速力と的確な操艦により、爆弾や魚雷の直撃こそ受けなかった[35]。しかし、多数の至近弾と機銃掃射により船体に多数の小破孔が発生して浸水し航行不能となる[36]。応急処置班の対応が間に合わないほどの反復攻撃を受け、救援に接近しようとした「朝霜」も機銃掃射のため接近を断念した[37]。夕刻17時半ごろ、過熱したボイラーが爆発を起こして後部から沈んでいった[37]。早川少将以下第二水雷戦隊司令部と乗員合わせて430名が戦死したが、司令部の参謀2名と駆逐艦長上井宏中佐、機関長上村嵐大尉など合計21名は、沈没寸前に唯一残ったカッターで艦を脱出し、オルモックに上陸[38]。のち、12月2日に第七次多号作戦でやってきた「竹」に収容されて生還した[39]。「竹」の駆逐艦長宇那木勁少佐(海兵64期)がその事を知ったのは、1968年(昭和43年)のことであった[39]

島風型は「島風」1隻に終わり、陽炎型駆逐艦夕雲型駆逐艦からなる駆逐隊にも編入されておらず、戦没まで単独で第二水雷戦隊に属していた。1945年(昭和20年)1月10日除籍。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 広瀬弘 中佐:1943年3月20日 -

艦長[編集]

  1. 広瀬弘 中佐:1943年5月10日 -
  2. 上井宏 中佐:1943年10月5日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126000, pp.24
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126000, pp.22
  3. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126000, pp.44
  4. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126000, pp.41,42,45
  5. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126000, pp.42 、C08030126100, pp.9,10
  6. ^ 木俣『日本水雷戦史』166ページ
  7. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126100, pp.12,13,14
  8. ^ 『第一水雷戦隊戦時日誌』pp.47
  9. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』45ページ
  10. ^ 木俣『日本水雷戦史』171,172ページ
  11. ^ 『第一水雷戦隊戦時日誌』pp.67,68 、『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101100, pp.6
  12. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030126100, pp.17
  13. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101200, pp.9
  14. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101200, pp.9 、木俣『日本空母戦史』529ページ
  15. ^ a b 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101300, pp.10
  16. ^ a b 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101400, pp.14
  17. ^ a b c 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101400, pp.11,14
  18. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030101400, pp.11,14 、C08030101800, pp.6,7,8,10
  19. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II、駒宮, 144ページ
  20. ^ 『第十戦隊戦時日誌』C08030050400, pp.7 、木俣『日本戦艦戦史』355ページ
  21. ^ 木俣『日本戦艦戦史』401ページ
  22. ^ 木俣『日本戦艦戦史』402ページ
  23. ^ 木俣『日本水雷戦史』516ページ
  24. ^ 木俣『日本水雷戦史』555ページ
  25. ^ 『多号作戦戦闘詳報第二号』pp.6
  26. ^ 木俣『日本水雷戦史』555,556ページ
  27. ^ 『多号作戦戦闘詳報第二号』pp.9
  28. ^ 木俣『日本水雷戦史』556,557ページ
  29. ^ 『第十戦隊戦時日誌』C08030051000, pp.47
  30. ^ 野間, 434ページ
  31. ^ a b 木俣『日本水雷戦史』557ページ
  32. ^ 『多号作戦戦闘詳報第二号』pp.16
  33. ^ 11月9日にスールー海でB-24 に発見されて通報されていた(木俣『日本戦艦戦史』586ページ)
  34. ^ 木俣『日本戦艦戦史』587ページ
  35. ^ a b c d e f 木俣『日本水雷戦史』559ページ
  36. ^ 木俣『日本水雷戦史』559,560ページ
  37. ^ a b 木俣『日本水雷戦史』560ページ
  38. ^ 宇那木, pp.16 、木俣『日本水雷戦史』560ページ
  39. ^ a b 宇那木, pp.16

参考文献[編集]

  • 舞鶴鎮守府『自昭和十八年五月一日至昭和十八年五月三十一日 戦時日誌』(昭和18年5月1日〜昭和18年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030356000
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年四月一日昭和十八年四月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十八年五月一日昭和十八年五月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年4月1日〜昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030126000
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年六月一日昭和十八年六月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年4月1日〜昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030126100
  • 第一水雷戦隊司令部『自昭和十八年七月一日至昭和十八年七月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月1日〜昭和18年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030084500
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年八月一日至昭和十八年八月三十一日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101100
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年九月一日至昭和十八年九月三十日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101200
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年十月一日昭和十八年十月三十一日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101300
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年十一月一日至昭和十八年十一月三十日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)(6)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101400, C08030101500
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年十二月一日至昭和十八年十二月三十一日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日〜昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030101800
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十九年一月一日 至昭和十九年一月三十一日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日〜昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030102000
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十九年二月一日 至昭和十九年二月二十九日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日〜昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030102100
  • 第十戦隊司令部『自昭和十九年四月一日至昭和十九年四月三十日 第十戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030050400
  • 第十戦隊司令部『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月十五日 第十戦隊戦時日誌』(昭和19年7月1日〜昭和19年11月15日 第10戦隊戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030051000
  • 多号作戦第四輸送部隊 第一水雷戦隊司令部『多号作戦戦闘詳報第二号(自昭和十九年十一月八日至昭和十九年十一月十一日第四次輸送作戦) 』(昭和19年9月1日〜昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030087600
  • 宇那木勁「T型駆逐艦(竹)戦誌」(昭和19年11月〜終戦時 T型駆逐艦(竹)戦誌) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030751400
  • 財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年、ISBN 978-4-425-30336-6
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 駆逐艦秋雲会『栄光の駆逐艦 秋雲』駆逐艦秋雲会、1986年
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦Ⅱ』(光人社、1990年ISBN 4-7698-0461-X
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年ISBN 4-7698-0611-6
  • 野間恒『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』私家版、2004年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]