島田市消防本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
島田市消防本部
情報
設置日 2008年4月
管轄区域 島田市川根本町
管轄面積 812.60km²
職員定数 131人
消防署数 2
分遣所数 4
所在地 427-0048
静岡県島田市旗指513番地の1
リンク 島田市消防本部
テンプレートを表示

島田市消防本部(しまだししょうぼうほんぶ)は、静岡県島田市の消防部局(消防本部)。管轄区域は島田市及び榛原郡川根本町全域。川根本町は島田市に常備消防事務を委託している。

概要[編集]

  • 消防本部:島田市旗指513番地の1
  • 管内面積:812.60km²
  • 職員定数:131人
  • 消防署2か所、分遣所4か所
  • 主力機械(2011年4月1日現在)
    • 消防ポンプ自動車:2
    • 水槽付消防ポンプ自動車:4
    • 屈折はしご付消防自動車:1
    • 化学消防自動車:1
    • 救急自動車:6
    • 救助工作車:2
    • 水槽車:2
    • 指揮車:1
    • 指令車:2
    • 査察車:6
    • 作業車:1

沿革[編集]

  • 1952年10月 島田市消防本部島田市消防署を設置する。
  • 1967年9月 救急業務を開始する。
  • 1968年8月 消防庁舎を竣工し移転する。
  • 1969年7月 榛原郡金谷町の救急業務を受託する。
  • 1972年4月 島田市と金谷町の1市1町による島田市・金谷町消防組合が発足する。組合消防として島田消防本部島田消防署に移行する。六合分遣所を設置する。
  • 1973年4月 金谷分遣所を設置する。
  • 1976年4月 島田市・金谷町清掃施設組合及び島田市・金谷町し尿処理施設組合と合併し、島田市・金谷町衛生消防組合が発足する。
  • 1981年4月 初倉分遣所を設置する。
  • 1989年4月 金谷分遣所が金谷消防署に昇格し2署体制となる。
  • 1993年3月 島田消防本部新消防庁舎を竣工し移転する。
  • 1994年4月 金谷消防署新庁舎を竣工し移転する。
  • 1997年3月 榛原郡川根町中川根町及び本川根町の組合加入により、島田市・北榛原地区衛生消防組合に改称する。(組合構成市町:1市4町)
  • 1997年10月 川根北分遣所を設置する。
  • 1998年10月 川根南分遣所を設置する。
  • 2001年11月 六合分遣所庁舎を竣工し移転する。
  • 2005年5月 島田市と金谷町が合併し、新たな島田市が発足する。(組合構成市町:1市3町)
  • 2005年9月 中川根町と本川根町が合併し、川根本町が発足する。(組合構成市町:1市2町)
  • 2008年4月 川根町が島田市へ編入合併する。合併の前日をもって島田市・北榛原地区衛生消防組合を解散し、島田市に承継する。単独消防として島田市消防本部を設置する。川根本町の消防事務を島田市が受託する。
  • 2008年4月 焼津市と通信指令事務の共同運用を開始する。

組織[編集]

  • 本部:消防総務課、予防課
  • 消防署

消防署[編集]

消防署 住所 分遣所
島田消防署 島田市旗指513番地の1 六合:島田市道悦二丁目29番15号
初倉:島田市阪本1526番地の4
金谷消防署 島田市島863番地の1 川根南:島田市川根町身成3481番地の1
川根北:榛原郡川根本町藤川2番地の4

参考文献[編集]

  • 消防年報 平成22年版(島田市消防本部)

外部リンク[編集]