島村利正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

島村 利正(しまむら としまさ、1912年3月25日 - 1981年11月25日)は、小説家

長野県高遠町(現伊那市)に生まれる[1]。家業を継ぐのを嫌がり、1926年、家出して奈良飛鳥園へ行き小川晴暘の薫陶を受け、志賀直哉武者小路実篤瀧井孝作の知遇を得る。1931年、正則英語専門学校卒業。1941年に『高麗人』で[1]、1943年に『暁雲』で芥川賞候補となる。戦時中から撚糸工業会社に勤務し、1955年、会社を設立し代表取締役となるが、1962年、倒産し、以後、作家業に専念。若い頃から釣りを好む。1975年刊行の『青い沼』で平林たい子文学賞、1979年刊行の『妙高の秋』で、翌年に読売文学賞受賞。没後二十年で、四巻の全集が未知谷から刊行される。

著作[編集]

  • 高麗人 人文書院 1941
  • 残菊抄 三笠書房 1957
  • 碧水館残照 講談社 1972
  • 奈良登大路町 新潮社 1972
  • 青い沼 新潮社 1975
  • 秩父愁色 新潮社 1977
  • 桐の花 日本経済新聞社 1978
  • 妙高の秋 中央公論社 1979
  • 奈良飛鳥園 新潮社 1980
  • 霧のなかの声 新潮社 1982
  • 清流譜 中央公論社 1982
  • 多摩川断想 花曜社 1983
  • 島村利正全集 全4巻 未知谷 2001
  • 奈良登大路町・妙高の秋 講談社文芸文庫 2004

脚注[編集]