島健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

島 健(しま けん、1950年6月6日 - )は、日本のアーティストジャズピアニストアレンジャー。血液型 は A型。

略歴[編集]

  • 1950年:東京生まれ。
  • タンゴピアニストの父の影響でピアノを始め、20代の頃からスタジオ・ミュージシャンとして活躍。
  • 1978年:渡米:Dick Grove School of Musicにて編曲を学ぶ。
  • 1981年:アレン・ヴィズッティ・バンド、バーニー・ブルネル・バンドのレギュラー・メンバーとして「ベイクド・ポテト」や「ドンテ」等、ロサンゼルスの著名なジャズ・クラブで演奏する。
  • 1982年:演奏活動が更に拡がり、数多くのレコーディングやツアーに参加するようになる。米国各地やイスラエルのジャズ・フェスティヴァルに出演。ホセ・フェリシアーノの北米・南米ツアーに参加。さらに、アレン・ヴィズッティ(Red Metal)、バーニー・ブルネル(Ivanhoe)、ケニー・ランキン等のレコーディングに参加。
  • 米国滞在中は、Joe Farrell (sax), Tony Williams (ds), Don Alias (per), Joe Henderson (sax), Billy Higgins (ds)等、大勢のトップ・アーティスト達と共演するなど、様々なジャズ・シーンで活躍した。
  • 1986年:帰国:ジャズ・ピアニストとしての活動に留まらず、スタジオ・ミュージシャンとして、数千曲を超えるレコーディングに参加。サザンオールスターズ浜崎あゆみ中島美嘉今井美樹布袋寅泰ゴスペラーズGLAY平原綾香JUJUなどのポップス系アーティストから森山良子加藤登紀子などヴェテラン・アーティストまで、幅広いジャンルの作曲・編曲・プロデュースを手掛ける。また、石川さゆり天童よしみ香西かおりなどの演歌系アーティスト、更には、須川展也川井郁子等のクラシック音楽アーティストのプロデュースを手掛け、プロデューサー・編曲家としてその実力が広く認められた。
  • 2000年:音楽活動30周年を記念し「BlUE IN GREEN」(Village Records.)をリリース。
  • 同 年:編曲を手掛けたサザンオールスターズ「TSUNAMI」がミリオン・ヒット・シングルを記録しレコード大賞を受賞。
  • 2002年:浜崎あゆみ「Voyage 」がレコード大賞を受賞すると、編曲家としての人気はさらに高まり、持ち味のストリングスを使った美しいアレンジは高く評価された。
  • 2003年:森山良子初のジャズ・アルバム「THE JAZZ SINGER」をプロデュースする。アルバムにはマイケル・ブレッカー(sax)が参加。アルバム発売後のアメリカ・ツアーの際、ニューヨークのブルーノートで、マイケル・ブレッカーと共演。また、自身のアレンジ曲で、ヴァンガード・オーケストラと共演する等、アルバム制作に依り長年の夢を実現させた。
  • 2006年:「Shimaken Super Sessions」[1](DREAMUSIC)をリリース。さらに映画、ドラマ、ミュージカル音楽の作曲や音楽監督を手掛けるなど、その活動の範囲は多岐にわたる。作曲を手がけたミュージカル「Freddie~少年フレディの物語~」「ピュア・ラブ」はそれぞれ東京芸術劇場ミュージカル優秀賞、読売演劇大賞・優秀賞を受賞。
  • 2010年〜11年:倉本聡脚本のテレビ・ドラマ「歸國」の音楽、日本初演のレナード・バーンスタイン作曲のミュージカル「WONDERFUL TOWN」の音楽監督、オリジナル・ミュージカル「蝶々さん」の再演では、作曲と音楽監督を手掛け好評を博した。
  • 2011年:J-POP界の歌姫、JUJUのジャズ・アルバム「DELICIOUS」をプロデュースして話題を集める。「僕らの音楽」(フジテレビ系列)「SONGS」(NHK)、「とくダネ!」(フジテレビ系列)に出演。
  • 2011年9月:桑田佳祐、宮城ライブ - 明日へのマーチ!! -、に続き、12月:神戸ワールド記念ホール、横浜アリーナで開催された4年ぶり年越しライブのストリングス・アレンジを手掛ける。
  • 2012年:作曲:ベニー&ビヨルン(ABBA)、原案・作詞:ティム・ライスに依る伝説のミュージカル「CHESS」のコンサート版「CHESS IN CONCERT」に音楽監督のみならず演奏でも出演し大成功を収める。
  • 2012年4月:「JUJU on MTV Unplugged」(ニューヨーク・ライブ)に出演。
  • 2012年7月:TBS系列番組「音楽の日」出演。桑田佳祐の楽曲アレンジとピアノを担当。
  • 2012年8月:札幌 シティ・ジャズ出演に続いて"JUJU DELICIOUS TOUR 2012"でBlue Note (東・名) Billboard Live (大阪)に出演。JUJUの楽曲アレンジとピアノを担当。
  • 2013年6月:永 六輔、中村八大の名前を冠したトーク&ライヴ「6 X 8 Song Book」(於:国際フォーラム ホールC))にピアノ(アレンジ)で出演する。
  • 2013年6月:JUJU 第2弾ジャズ・アルバム「DELICIOUS - JUJU's Jazz 2nd Dish」をプロデュースする。「僕らの音楽」(フジテレビ系列)に出演。
  • 2013年7・8月:「Quincy Jones 80th Birthday Celebration Live in Japan」(於:国際フォーラム ホール A)で亀田誠治プロデュースのQuincyを恵愛するミュジシャン達によるトリビュート・パートでアレンジを担当。
  • 2013年8月:デビュー35周年を迎えたサザンオールスターズの新作「ピースとハイライト」に島 健の弦・管アレンジ曲「蛍」が収められ、12月21日公開「永遠の0」の主題歌に決定。
  • 2013年12月:「CHESS in Concert」2nd ver.の音楽監督を務める。
  • 妻は女優で歌手の島田歌穂

作品[編集]

  • 『ハートカクテルVolu.4』(わたせせいぞう作品・TVアニメーションサウンドトラック)
  • 『チョーク色のピープル』(わたせせいぞう作品・アニメーションサウンドトラック・小笠原寛との共作)
  • 『Hurricane』(わたせせいぞう作品・イメージアルバム)
  • 『一瞬のパラダイス』(立松和平作品・イメージアルバム)
  • 『恋愛映画倶楽部』
  • 『魔女の条件』(サウンドトラック)
  • 『大統領のクリスマスツリー』(サウンドトラック)
  • 『BLUE IN GREEN』(2000年6月21日)
  • 『Shimaken Super Sessions』(2006年11月22日、島健によるオムニバスアルバム)

出演[編集]

脚注[編集]