岩間雄大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩間 雄大 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イワマ ユウダイ
ラテン文字 IWAMA Yudai
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1986年2月21日(28歳)
出身地 東京都墨田区
身長 178cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 松本山雅FC
ポジション DF / MF
背番号 15
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

岩間 雄大(いわま ゆうだい、1986年2月21日 - )は、東京都出身のサッカー選手。ポジションはDF松本山雅FC所属。

経歴[編集]

岩間は東京ヴェルディのジュニア(小学生)チームに所属した後、高校では堀越高等学校のサッカー部でプレーした。2004年に同高校を卒業した後の半年間、ブラジルへサッカー留学をした後、在日朝鮮人により結成された東京都社会人サッカーリーグ1部のFCコリアにアマチュア選手として入団し、通算で3シーズン所属した[1]2007年からは日本フットボールリーグ(JFL)のアルテ高崎に移籍し、アマチュア選手としての活動を続けながら、中盤の主力としてチームを支えた。

2011年、岩間は当時V・ファーレン長崎の監督をしていた佐野達に誘われて長崎へ移籍し、同時に自身初のプロ契約を結んだ。移籍1年目で主将に任命され、「豊富な運動量」を活かした中盤の底(ボランチ)としてレギュラーを任され、同年にJFL出場100試合を達成[2]。長崎は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参入を目指しながら難航していたが、2012年にJFLで優勝して翌年からのJリーグ ディビジョン2(J2)参加を決めた。同年の岩間は主将を佐藤由紀彦に譲ったが、引き続き中盤のレギュラー選手として活躍した。2013年、岩間は長崎との契約を更新し、同年の開幕戦において27歳でのJリーグデビューを果たした。

2014年松本山雅FCへ完全移籍[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2004 コリア 東京都1部 - -
2005 0 0 - - 0 0
2006 7 2 - - 7 2
2007 高崎 16 JFL 24 4 - - 24 4
2008 6 0 - 1 0 7 0
2009 31 0 - 2 0 33 0
2010 31 0 - 2 0 33 0
2011 長崎 33 3 - 1 1 34 4
2012 29 3 - 1 0 30 3
2013 J2 41 0 - 0 0 41 0
2014 松本 15 -
通算 日本 J2 41 0 - 0 0 41 0
日本 JFL 154 10 - 7 1 161 11
日本 東京都1部 - -
総通算 -

その他公式戦

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FCコリアは在日朝鮮蹴球団を母体としたクラブで、現在でも「在日コリアン(=在日韓国・朝鮮人の総称)」社会とのつながりを強調しているが、同時に「サッカーを通じて東アジアにおけるスポーツ交流に貢献する」事も掲げ、日本人(大和民族)選手の所属を拒絶しているわけではない。そのため、同チームでは極めて例外的ながら、日本国籍での岩間も加入可能だった。出典:FCコリア公式サイト「クラブ概要」など。
  2. ^ 長崎新聞ホームページ、2012年3月5日付記事、「今年こそ決める J2目指すV長崎・上/MF岩間雄大(26) チームのためにプレー
  3. ^ 岩間雄大選手 V・ファーレン長崎より完全移籍加入のお知らせ”. 松本山雅FC (2014年1月12日). 2014年1月12日閲覧。

関連項目[編集]