岩生成一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岩生 成一(いわお せいいち、1900年6月2日 - 1988年3月21日)は、日本の歴史学者、東京大学名誉教授

来歴[編集]

東京生まれ。1925年東京帝国大学国史学科卒、同史料編纂掛に入り、のち台北帝国大学教授となり南洋史を担当。1941年『南洋日本町の研究』で帝国学士院賞受賞。戦後1948年東京大学文学部教授となり、1961年定年退官、法政大学教授。1965年日本学士院会員。1968年朝日文化賞受賞。日本近世対外交渉史が専門で、日蘭交渉史研究会を主宰し、日蘭学会理事長を務めた。

1951年 東京大学 文学博士。論文の題は「南洋日本町の研究 」[1]

1970年11月3日叙勲二等授瑞宝章。1988年3月21日叙正四位。

著書[編集]

  • 近世日葡通交小史 藤沢友吉, 1927
  • 南洋日本町の研究 南亜文化研究所, 1940
  • 朱印船貿易史の研究 弘文堂, 1958
  • 朱印船と日本町 至文堂, 1962 (日本歴史新書)
  • 日本の歴史 第14 鎖国 中央公論社, 1966 のち文庫
  • 江戸時代日蘭文化交流資料集 1 明治以前洋馬の輸入と増殖 日蘭学会, 1980
  • 南洋日本町の研究 続 岩波書店, 1987

編纂・訳[編集]

  • 異国叢書 慶元イギリス書翰 駿南社, 1929
  • 教師のための体系日本史 弘文堂, 1957
  • 外国人の見た日本 第1 南蛮渡来以後 筑摩書房, 1962
  • 近世の洋学と海外交渉 巌南堂書店, 1979

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース