岩瀬敬吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岩瀬 敬吾(いわせ けいご、1978年8月29日(35歳) - )は日本の歌手(ギターボーカル)。 広島県黒瀬町(現・東広島市)出身で血液型B型(以前は不明となっていた)。元19のメンバーで19解散後、現在はソロとして活動している。

活動の経緯[編集]

高校3年の夏にティーンズミュージックフェスティバルで岡平健治と知り合い、1998年春に広島から大阪でのライブ活動を経て上京し「少年フレンド」というユニット名で活動を開始した。それぞれアコースティック・ギターを持ち、高円寺下北沢でそれぞれの作詞作曲である楽曲をライブハウスやストリートで熱唱していた。1998年、自分の描いた詩に曲をつけてくれるミュージシャンを探していたイラストレーターの326と出会い、意気投合した3人は「19」を結成、これ以後19の「イワセケイゴ」として活動。同年11月21日に「あの青をこえて」でメジャーデビューを果たした。その後「あの紙ヒコーキ くもり空わって」など数々のヒット曲を出していくが、2002年3月31日に解散。

同年10月23日にデビューシングル「くり返すは口ぐせと罪悪感」でソロデビュー。これに際して、19時代のレコード会社ビクターエンタテインメントから、フォーライフミュージックエンタテイメントへ転換。同時にパーソナルオフィス「ロStyle. Inc」、レーベル「speakers」を立ち上げる。2004年6月には所属事務所をパワーボックスへ移す。現在はレコード会社もレインボーエンタテインメントへ所属し、活動を継続している。

人物[編集]

  • 19時代初期は、青やピンクなど派手な髪型をしていたが、長髪や短髪、アフロなどと頻繁に変化していた。
  • 2004年ごろからしばらく音源の発売が停まっていたが、2006年11月22日に3年半ぶりのシングル「ノイズとため息」をリリースし、インディーズチャートで初登場1位を記録した。
  • CDはタワーレコード限定、DVDはアマゾン限定での販売が多い。
  • 少年フレンドのころ、上京を反対した岡平の父を納得させるために岩瀬本人が作曲した歌「つまさき」をきかせて納得させた。
  • ギターを始めたのは高校時代。友人から譲り受けた古いギターをいじったのがきっかけで音楽に興味を持つ。
  • 2丁拳銃小堀裕之ジェット機野田タロウthe castanets溝渕ケンイチロウなどと親交があり、小堀、野田とはアコースティックライブイベントKO-I-NOフェス(KOは小堀、Iは岩瀬、NOは野田の頭文字)を不定期に企画、溝渕はサポートメンバーとして迎えている。
  • 既婚であり、三児の父である。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 曲目 最高順位
1st 2002年10月23日 くり返すは口ぐせと罪悪感 1.くり返すは口ぐせと罪悪感
2.ラウンド
13位
2nd 2003年2月26日 ドライブカー 1.ドライブカー
2.ベイベハニーサンディ
33位
3rd 2003年6月25日 NEW STANDARD 1.NEW STANDARD
2.MILK (SPACE ECHO MIX)
38位
4th 2003年10月1日 レディオステレオ 1.レディオステレオ
2.BITTER (alternative take)
29位
5th 2006年11月22日 ノイズとため息 1.ノイズとため息
2.Halloween
3.May
4.太陽の方角
72位
6th 2008年3月5日 明日の出来事 1.明日の出来事
2.TOALE CLUB
3.When you go
97位
7th 2009年9月6日 floor EP 1.floor
2.kilpikonna
3.10を数えて
-

アルバム[編集]

リリース日 タイトル 曲目 最高順位
1st 2002年11月6日 Porky Pie 1.くり返すは口ぐせと罪悪感 -Kevin Mix-
2.凍るガール
3.ラウンド -Kevin Mix-
4.あじがうらスター
5.トレモロ
6.どういうわけか
7.うたかたの夢
8.ソング
9.プライベート
10.ドライブカー
11.tururu
12.フリーソウルマン (初回限定版のみ)
17位
2nd 2003年10月29日 NEWSpeakers 1. 銀色の月
2.NEW STANDARD
3.下北沢サーカス
4.耳鳴りがした日
5.MILK
6.BITTER
7.EASTER
8.日めくりの舟
9.CRUSH SANDWICHES
10.ROCK'N'ROLL BLOSSOM
11.憂鬱なロザンナ
12.並んで飛んだ鳥
13.レディオステレオ
14.感情はとかすらしい
32位
3rd 2007年3月7日 Bright day 1.ノイズとため息
2.Cookie
3.Halloween
4.インスタント
5.夢みたいに忘れてしまう
6.風と鳥
7.はるかな夕べ
8.未来
9.Bright day
10.クラクション
11.太陽の方角
119位
4th 2008年4月9日 明日の出来事 1.明日の出来事
2.始まりはいつもそう
3.stay now
4.almost drowned
5.超えては消え
6.11.3
7.クコの実
8.diving spot
9.subway<br /10.手紙
11.thursday
100位
5th 2009年3月18日 FLOOR 1.Beautiful underworld
2.Glider
3.君との時間
4.いたいけな日々を見て笑え
5.Nakemiin.
6.TOP SECRET
7.ドライブカー(Live Version on 2008.7.13 at 代官山UNIT)
153位

DVD[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 2007年8月31日 TOUR 2007 -Bright day- Official Bootleg 103位
2nd 2008年10月22日 TOUR 2008 -明日の出来事- -
3rd 2010年1月27日 TOUR 2009 -FLOOR- 2009.09.06 at Shibuya CLUB QUATTRO 180位

外部リンク[編集]