岩水嘉孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 岩水 嘉孝 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム いわみず よしたか
ラテン文字 Yoshitaka Iwamizu
国籍 日本の旗 日本
種目 障害走長距離走
所属 トヨタ自動車富士通
生年月日 1979年6月20日(35歳)
生誕地 愛知県豊橋市
身長 174cm
体重 53kg
引退 2013年
自己ベスト
5000m 13分37秒99 (2005年)
10000m 28分17秒80 (2010年)
3000mSC 8分18秒93 (2003年) 日本記録
ハーフマラソン 1時間02分21秒 (2000年)
マラソン 2時間16分59秒 (2012年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

岩水 嘉孝(いわみず よしたか、1979年6月20日 - )は元陸上競技選手・現指導者愛知県豊橋市出身、174 cm・53 kg。

3000m障害日本男子記録保持者。2003年世界陸上パリ大会男子3000m障害で決勝11位。2004年アテネオリンピック2008年北京オリンピック代表。

豊橋市立青陵中学校豊川高等学校順天堂大学トヨタ自動車富士通を経て、現在は資生堂ランニングクラブアシスタントコーチを担当。

経歴[編集]

順天堂大学在学中は全日本インカレで同種目優勝、箱根駅伝でも優勝メンバーに名を連ねる。同学年の入船満(カネボウに所属する入船敏の実弟)・奥田真一郎・野口英盛・坂井隆則とともに順大クインテットと呼ばれて[1]3年次には出雲全日本箱根の学生駅伝三冠に貢献した。4年次には主将として出雲駅伝三連覇に貢献したが、2区で出場予定だった第78回箱根駅伝は肺気胸による入院のために欠場した。

トラック5000mクロスカントリー、ロードのハーフマラソンなど長い距離への順応性もあり、トヨタ自動車に所属していた頃は駅伝競走もこなしていた。しかし、2008年3月末に北京五輪で3000m障害に専念できる環境を求めトヨタ自動車を退職、4月22日付で富士通への入社となった。

400mH為末大、棒高跳の澤野大地のように、ヨーロッパ各地の主要大会(ゴールデンリーグやグランプリと呼ばれる)を転戦し、海外の競技者と闘っている。 華麗なハードリングで世界のトップクラスに挑む、日本のSteeple Chaseのパイオニアである。

体幹を意識的に鍛えたり、リズムを高めるためのエアロビクスを取り入れるなど、オリジナリティ・バラエティに富んだ練習を模索している。

2009年8月23日ベルリン世界陸上大会の女子マラソンにおいて、岩水は終盤35Km付近の給水ポイントの係員を務めていた。その地点で、一度はボトルを落とし給水に失敗した尾崎好美選手に対し岩水は全力疾走で追走し、取り損ねたボトルを尾崎に手渡すという好援護をした。この効果もあってか、結果尾崎は2位入賞を果たし、銀メダルを獲得した。[2][3]

2012年8月開催のロンドンオリンピック代表選出を狙ったが、故障が長引き日本選手権欠場により落選、3大会連続の五輪出場はならず。2013年3月に富士通を退社し現役引退、同年4月からは資生堂RCの指導者として活動中。

3000メートル障害[編集]

  • 愛知・豊川高校時代にはインターハイ同種目優勝。
  • 2003年6月25日にスイスのルツェルン国際でA標準突破(8分23秒53)
  • パリ世界陸上大会予選では、23年ぶりに日本記録を更新(8分18秒93)した。また同種目で31年ぶりに国際大会の決勝進出を果たす健闘を見せる(11位・8分19秒29)。又日本人としては初めて、同種目で8分20秒未満を2回記録した。
  • 2001年から2005年まで、日本選手権5連覇。2007年から2009年までは3連覇、これまで同種目8度の優勝している。
  • 2007年6月のプレフォンテイン・クラシックでA標準を突破(8分23秒31)し、同年大阪で行われた世界選手権に4回連続で出場した。

主な戦績[編集]

3000mSC 5000m 10000m 戦績
1995年 14分56秒07
1996年 8分56秒85 14分16秒30
1997年 8分55秒35 14分34秒64 31分56秒86 京都インターハイ3000mSC 1位
1998年 14分12秒50
1999年 8分45秒54 14分04秒88 29分28秒16 第75回箱根駅伝1区8位
2000年 8分32秒99 13分51秒27 28分59秒38 第76回箱根駅伝1区2位
2001年 8分26秒77 13分51秒64 28分26秒18 第77回箱根駅伝2区4位
北京ユニバーシアード3000mSC 5位
日本選手権3000mSC 1位 エドモントン世界選手権3000mSC予選
2002年 8分31秒75 13分41秒72 釜山アジア大会3000mSC 2位 日本選手権3000mSC 1位
2003年 8分18秒93
※日本記録
13分49秒64 28分31秒73 日本選手権3000mSC 1位 パリ世界選手権3000mSC 11位
2004年 8分27秒46 13分47秒74 世界クロカン・シニア12km決勝
世界クロカン・シニア4km 96位
日本選手権3000mSC 1位 アテネオリンピック3000mSC予選
2005年 8分22秒54 13分37秒99 東アジア大会3000mSC 1位 日本選手権3000mSC 1位 ヘルシンキ世界選手権3000mSC予選
2006年 8分34秒17 13分58秒81 28分34秒35 世界クロカン・シニア4km 106位 日本選手権3000mSC 2位
2007年 8分23秒31 28分18秒64 プレフォンテイン・クラシック3000mSC 4位
世界クロカン・シニア12km 54位(日本人1位)
日本選手権3000mSC 1位 大阪世界選手権3000mSC予選
2008年 8分29秒75 日本選手権3000mSC 1位 北京オリンピック3000mSC予選
2009年 8分34秒95 日本選手権3000mSC 1位 ベルリン世界選手権3000mSC予選
2010年 28分17秒80

太字は自己ベスト

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ ただし、坂井は2年次まで目立った活躍をしておらず、当初は岩水・入船・奥田・野口の4人が順大カルテットと呼ばれた。順大クインテットと呼ばれるようになるのは3年次になってからである。
  2. ^ スポーツニッポン
  3. ^ 世界陸上女子マラソンの尾崎好美銀メダルを支えた、岩水嘉孝さんGJの巻。

外部リンク[編集]