岩手川口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩手川口駅*
駅舎
駅舎
いわてかわぐち - Iwate-kawaguchi
好摩 (5.6km)
岩手県岩手郡岩手町大字川口第9地割68-1
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
キロ程 26.9km(盛岡起点)
東京から562.2km
電報略号 クチ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
285人/日
-2013年-
開業年月日 1898年明治31年)1月11日
備考 簡易委託駅
* 1934年に川口駅から改称。

岩手川口駅(いわてかわぐちえき)は、岩手県岩手郡岩手町大字川口にある、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅である。互いのホームは跨線橋で連絡している。

盛岡駅管理の簡易委託駅(岩手町委託)。駅舎には出札窓口(営業時間:7:00 - 13:00)があり、硬券入場券・乗車券が常備されている。

のりば[編集]

1 IGRいわて銀河鉄道線(下り) いわて沼宮内二戸八戸方面
2 IGRいわて銀河鉄道線 待避線
3 IGRいわて銀河鉄道線(上り) 好摩盛岡方面

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗降人員
2000 265(*1)
2001 255(*1)
2002(JR) 261(*1)
2002(IGR) 415
2003 404
2004 388
2005 375
2006 364
2007 347
2008 331
2009 295
2010 298
2011 263
2012 291
2013 285
*1…JR時代のものは乗車人員。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

もとは川口駅という名前であったが、1934年(昭和9年)2月1日に岩手川口駅に改称となった。

1933年(昭和8年)4月1日埼玉県北足立郡川口町が青木村横曽根村南平柳村との合併により川口市となり、1934年(昭和9年)2月15日に旧川口町にあった京浜東北線・川口町(かわぐちまち)駅が川口駅に改称となる。川口町駅は正式には当駅と同じ東北本線に属するので、同じ東北本線に川口駅が京浜東北線側と当駅の二つ存在するという事態を避ける必要が生じ、川口町駅の改称のおよそ2週間前、当駅の川口駅から岩手川口駅への改称が行われたのである。

隣の駅[編集]

IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線
快速(1日1本上りのみ)
好摩駅岩手川口駅いわて沼宮内駅
普通
好摩駅 - 岩手川口駅 - いわて沼宮内駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]