岩屋城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
岩屋城
福岡県
嗚呼壮烈 岩屋城址
嗚呼壮烈 岩屋城址
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 高橋鑑種
築城年 天文年間(1532年 - 1554年
主な城主 高橋氏
廃城年 天正14年(1586年
遺構 土塁、堀切
指定文化財 なし
位置 北緯33度31分33.4秒
東経130度31分13.06秒
座標: 北緯33度31分33.4秒 東経130度31分13.06秒

岩屋城(いわやじょう)は筑前国御笠郡福岡県太宰府市浦城)にあった山城戦国時代末期の天正14年(1586年)、島津忠長率いる島津軍大友軍高橋紹運との壮絶な攻防戦(岩屋城の戦い)で知られる。

歴史[編集]

築城は天文年間(1532年 - 1554年)に大友氏の武将・高橋鑑種と伝えられ、立花城と共に大友家の筑前支配の拠点であった。しかし、高橋鑑種は主君・大友宗麟の傲慢な振る舞いに憤り、反旗を翻したために城を逐われ、大友家の宿老吉弘鑑理の二男鎮種が高橋氏の名跡を継いで「高橋鎮種」と名乗り宝満・岩屋の両城主となった。

天正13年(1585年)、立花城立花道雪の死去後、長男統虎が道雪の養子として城主となり、次男の統増が高橋家の本城である宝満城に入城し、一族三人で大友家の筑前での拠点防衛に就く。

天正14年(1586年)7月13日、筑前一帯を平定し、関白秀吉の九州襲来を阻まんとする島津氏が総勢2万にも及ぶ大軍で攻め寄せ、大宰府政庁跡の東隣にある観世音寺に陣を設けた。紹運(高橋鎮種の出家後の名)は七百余名と共に篭城。2週間の間頑強に抵抗したものの、各出城や砦が次々と陥落、虚空蔵砦を守備する福田民部少輔も討死するに及んだ。また、城主紹運も自ら薙刀を取り敵中に入ったが力尽き、敵陣に矢止めを乞うたのち高櫓の上に登り自害。残された将兵もあとを追い玉砕、天正14年7月27日落城。

紹運が高櫓の扉に書き残したとされる辞世の歌は、「屍をば岩屋の苔に埋みてぞ 雲居の空に名をとどむべき」

城跡から道を隔てた南西側に高橋紹運の墓がある。

城の構造[編集]

四王寺山(標高410メートル)の中腹(標高291メートル)にある。現在は堀切土塁が残る。

参考文献[編集]

関連項目[編集]