岩井克人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩井 克人
ケインズ経済学
生誕 1947年2月13日(67歳)
東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
研究機関 イェール大学
東京大学
研究分野 不均衡動学、貨幣論、法人論
母校 東京大学学士)
マサチューセッツ工科大学(Ph.D)
受賞 日経・経済図書文化賞特賞(1982年
サントリー学芸賞1993年
小林秀雄賞2003年
紫綬褒章2007年
M&AフォーラムRECOF賞2009年
テンプレートを表示

岩井 克人(いわい かつひと、1947年2月13日 - )は、日本経済学者東京大学経済学部名誉教授。国際基督教大学客員教授武蔵野大学特任教授、東京財団上席研究員、日本学術会議会員。

人物[編集]

「東大48年三羽烏」の一人(あとの二人は石川経夫(元東大教授)と奥野正寛(東大教授)。いずれも東京教育大学附属高等学校の同期生)[要出典]

MITの院生時代にはポール・サミュエルソンから指導を受けた。当初オーソドックスな新古典派経済学の研究で評価されたが、不均衡動学に関する研究において新古典派批判に転じる(後に『不均衡動学の理論』として岩波書店より出版された)。同書により、日経・経済図書文化賞特賞を受賞した。「ヴェニスの商人の資本論」で日本では知られるようになる。1993年「貨幣論」でサントリー学芸賞、2003年「会社はこれからどうなるのか」で小林秀雄賞受賞。「M&A国富論」でM&Aフォーラム賞。2007年紫綬褒章受勲。2010年に東京大学を定年退職。

妻は作家の水村美苗

年譜[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

参考文献[編集]

  • 略歴”. 岩井克人のWebページ. 2013年3月19日閲覧。
  • 人間発見 岩井克人さん 日本経済新聞2013年10月夕刊連載(4回)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]