岡田重孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡田 重孝(おかだ しげたか、生年未詳 - 天正12年3月6日1584年4月16日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。尾張星崎城主。別名に直景。長門守。子に善治

岡田重善の長男として生まれる。幼名は助三郎。はじめ織田信長に仕えたが、信長が死去するとその次男・織田信雄の家臣として仕えた。天正11年(1583年)、父の死去により家督を継いで当主となる。

浅井長時津川義冬らと共に三家老として信雄をよく補佐し、羽柴秀吉(豊臣秀吉)からもその器量を認められていた。しかし秀吉との内通を信雄から疑われ、長時や義冬らと共に天正12年(1584年)3月6日に信雄によって伊勢長島城に呼び出されて殺された。

関連項目[編集]