岡田重善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡田 重善(おかだ しげよし、大永7年(1527年) - 天正11年3月26日1583年5月17日))は、戦国時代武将岡田重頼の子。尾張出身、尾張国星崎城主。官職は長門守。重孝善同らの父。

尾張源氏の流れを汲む山田氏の後裔と云われる。織田信秀の家臣となり今川氏との戦いで功名を挙げ、小豆坂七本槍の一人に数えられる。その後は信秀の子信長に仕え、天正元年(1573年)8月の朝倉軍追撃戦などで、息子・重孝と共に活躍し(太閤記当代記)、信長の馬廻りとしての立場を保持した。本能寺の変後は、信長の次男信雄の家老となった。小瀬甫庵と親しかったらしく、合戦の様子などを彼に語っていたという。そのためか甫庵の彼に対する評価は高く、「武勇ばかりでなく歌道にも通じ、花車風流に身を労し、話の上手であった」と「太閤記」の中で絶賛している。