岡田次作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡田 次作
生誕 1893年8月13日
日本の旗 日本 石川県
死没 1942年6月5日(満48歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミッドウェー島近海
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1915 - 1942
最終階級 OF-6 - Kaigun Shosho (collar).gif 海軍少将
テンプレートを表示

岡田 次作(おかだ じさく、1893年明治26年)8月13日 - 1942年昭和17年)6月5日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

石川県出身。金沢第一中学を経て、1914年大正3年)12月、海軍兵学校(第42期)を卒業。1915年(大正4年)12月、海軍少尉に任官し防護巡洋艦須磨」乗組。海軍砲術学校高等科で学ぶ。1921年(大正10年)12月、駆逐艦」乗組となる。

1922年(大正11年)1月、臨時航空術講習部部員兼横須賀海軍航空隊付となり航空畑に転じた。同年11月、霞ヶ浦海軍航空隊分隊長に就任し、同空教官などを務め、1926年(大正15年)12月、海軍少佐に昇進。1927年(昭和2年)12月、大村海軍航空隊飛行隊長に転じ、霞ヶ浦空飛行隊長兼教官、横須賀空付・欧米各国出張、横須賀空教官を経て、1932年(昭和7年)11月、空母加賀」飛行長に就任。同年12月、海軍中佐に進級。

1933年(昭和8年)10月、館山海軍航空隊副長に就任し、海軍航空本部出仕(教育部)、航空本部教育部部員を歴任。1936年(昭和11年)12月、海軍大佐に昇進し軍令部出仕となる。海軍大学校で特修学生として学ぶ。1937年(昭和12年)8月、第二三航空隊司令に就任し、兼第三艦隊司令部付、水上機母艦能登呂艦長、空母「龍驤」艦長、航空本部総務部第1課長を経て、1941年(昭和16年)9月、空母「加賀」艦長となり太平洋戦争を迎えた。

真珠湾攻撃などに参加後、ミッドウェー海戦にて空母「加賀」への命中弾と燃料車の爆発により艦橋が破壊され、中にいた岡田は戦死し、海軍少将に特進した。岡田は海軍爆撃術の開発にあたった人物で、爆撃の名手として知られた人物であった[1][2]。霞ヶ浦海軍航空隊教官時代同部隊に勤務していた草鹿龍之介によれば、事故発生に対する予感が鋭く、発生前から騒ぎ立てて警告する上によく当たるので「何とも薄気味の悪い男」と評している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『海軍航空隊始末記』p179
  2. ^ 『一海軍士官の半生記』205頁
  3. ^ 『一海軍士官の半生記』206頁

参考文献[編集]

  • 草鹿龍之介『一海軍士官の半生記』光和堂、1973年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 源田實『海軍航空隊始末記』文春文庫、1996年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。