岡村長之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡村 長之助(おかむら ちょうのすけ、1901年6月2日 - 1990年代頃?)は、日本の古生物化石)研究者、医師。愛知医科大学名古屋大学の前身)卒。

市井の化石研究家であり、岡村化石研究所を主宰していた。本業は内科医師。病院と研究所は名古屋市にあった[1][2][3]

研究業績[編集]

岩手県大船渡市から出土した石灰岩より、4億年前の1mmに満たないミニ人類、あらゆる種類の動物及び工芸品等の微化石を発見し、独自の進化論に昇華させた。1970年代から1980年代には古生物学会において数度の発表を行うとともに、国内外の多数の大学論文を寄贈した(B5版の薄い研究論文の冊子。地質学研究室が設置されている大学の研究室・図書館に保存されていることがある)。岡村は研究成果を『人類および全脊椎動物誕生の地-日本』として、1983年に自費出版した。その後、1996年イグ・ノーベル賞生物多様性賞)を受賞して、世間に知られるようになった[1][4]

古生物学会の反応[編集]

日本古生物学会では、事前に題名を登録するだけで発表が可能であったが、岡村の発表後には提出方法が改められ、論旨を付すことが必須事項とされた[1]横浜国立大学教授、鹿間時夫は岡村の発表を古生物学会で聞いて激怒し死期を早めた、という信憑性の低い噂もあるという[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 風野春樹「サイコドクターの日曜日 偉大なる幻視者 岡村長之助の発見」『本の雑誌』2010年1月号、本の雑誌社、p.62
  2. ^ 風野春樹「サイコドクターぶらり旅 偉大なる幻視者・岡村長之助(1)
  3. ^ 風野春樹「サイコドクターぶらり旅 偉大なる幻視者・岡村長之助(2)
  4. ^ Spamer, Earle E.. “Chonosuke Okamura, Visionary”. Annals of Improbable Research 6 (6). http://improbable.com/airchives/paperair/volume6/v6i6/okamura-6-6.html. 
  5. ^ 金子隆一『新恐竜伝説』早川書房、1993年、p.62

関連項目[編集]