岡村真美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡村 真美子
基本情報
出生 1984年1月26日(30歳)
血液型 A型
学歴 国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻
出身地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
職業 気象予報士ピアニスト
活動期間 2006年 -
公式サイト ピアニスト・岡村真美子のホームページ

岡村 真美子(おかむら まみこ、1984年1月26日 - )は、ウェザーマップ所属の気象予報士ピアニスト

人物

身長151cm。 1984年1月26日山梨県甲府市生まれ。父は英文法が専門の大学教授、母はフルート奏者、祖父は物理学の学者[1][2]。母に音楽の手ほどきを受け、2歳でピアノを始め、3歳の時にヤマハ音楽教室へ通うようになる。[3]

山梨県立甲府第一高等学校を経て国立音楽大学音楽学部器楽学科へ入学。有賀恵三木香代にそれぞれ師事、在学中は、アレクサンダー・サッツウラディミール・トロップのレッスンを受講。2006年には読売新聞新人演奏会出演など音楽家としての活動をする一方、大学卒業後にウェザーマップを介して静岡放送と専属契約を結び、気象キャスターとして数々の番組に出演した(契約期間中は毎日、東京から新幹線通勤をしていたという)。

2011年から活動の本拠を東京へ移すとともに、静岡放送との専属契約を終了。2011年4月からは『NHKニュース7』(週末)の気象情報を担当、2012年4月から平日担当の寺川奈津美と入れ替わるかたちで、月曜〜金曜(祝日を除く)の気象情報の担当している。

一方ではピアニストとしての活動も活発に行っている。音楽の教員免許も持っている。

インターネットの一部では「19時28分の妹」「魔法少女」のニックネームが付けられている。これは『NHKニュース7』において、持っている指示棒の先が天気予報の星のマークと重なり、魔法のステッキに見えることに由来する[4]

プライベートでは、蓋を忘れてミキサーを回したり[5]、牛乳を電子レンジでチンしたまま忘れて2日間放置したり[6]、コショウと間違えてバジルを大量にかけたり[7]、図書館で大量の本を借りた後で本を入れるカバンを忘れたことに気がついたりと[8]ドジっ娘の一面もある。

担当番組

現在

過去の担当番組・CM(静岡放送関連分)

2009年4月から2011年3月まで、静岡放送(SBS、TBS系列)と専属契約を結んでいた。

※このほか、TBS系列で毎年元旦に放送されている「初日の出特番」へも静岡から生中継もしくはVTRで出演していたほか、「静岡発そこ知り」(静岡放送)へも単発での出演があった。

脚注

  1. ^ 岡村真美子さん〈おやじのせなか〉 朝日新聞デジタル 2012年2月8日
  2. ^ 中日新聞 2012年2月5日 「家族のこと話そう」
  3. ^ 岡村真美子コンサート告知 ライナーノーツ参照
  4. ^ 春ちゃんにライバル登場? NHKニュース7に時折出演する「魔法少女」とは やじうまWatch 2012年6月13日
  5. ^ Twitter 2012年5月12日 12:47
  6. ^ Twitter 2012年6月11日 11:53
  7. ^ Twitter 2012年8月22日 11:33
  8. ^ Twitter 2012年9月8日 19:38
  9. ^ 岡村の専属契約解除に伴い番組も2011年3月で打ち切られた。2011年4月以降の同枠は、予報画像にSBSアナがナレーションを入れるスタイルの「SBSお天気ガイド」となっている。
  10. ^ 当時の気象キャスターであった根本美緒の夏休みに伴い、ピンチヒッターとして臨時出演。

外部リンク