岡崎優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡崎 優(おかざき ゆう、1951年8月28日 - )は、日本漫画家。本名は岡田 義弘(おかだ よしひろ)。一部の作品は本名で発表している。三重県出身、血液型はO型。

略歴[編集]

高校卒業後、ダイナミックプロに入社した。アシスタントとして働きながら書いた『ハローラブ』(「学研中二コース」)で漫画家デビュー。同プロにて『キューティーハニー』や『UFOロボ グレンダイザー』のコミカライズのほか、ブラックコメディなどを描く。独立後は秋田書店を中心に『アグネス・チャン物語』『山本リンダ物語』などの人気アイドルの紹介漫画や、『マグネロボ ガ・キーン』『大鉄人17』『無敵鋼人ダイターン3』『太陽の牙ダグラム』、『装甲騎兵ボトムズ』など特撮、アニメ作品の漫画化を行う。

1982年(昭和57年)に秋田書店より出版された漫画『機動戦士ガンダム』は、リアルロボットアニメの嚆矢である『機動戦士ガンダム』を従来のスーパーロボット的な解釈によって漫画化し、そのミスマッチングと一部破天荒な内容から、好事家の一部で話題を集めた。

また、こうした原作付きの漫画を手がける一方で『呪いの花嫁』といった恐怖・怪奇系の漫画も執筆。ひばり書房などで数冊の単行本を出版した。

1990年代頃になるとレディースコミックに発表の場を移し、数本の作品を発表するも、創作活動を休止、現在に至っている。

代表作[編集]

参考文献[編集]

師匠[編集]

外部リンク[編集]