岡場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡場駅
西口
西口
おかば - OKABA
(藤原台)
KB21 五社 (1.9km)
(1.6km) 田尾寺 KB23
神戸市北区藤原台中町一丁目1-1
駅番号 KB22
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 三田線
キロ程 3.3km(有馬口起点)
湊川から23.3km
新開地から23.7km
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
5,449人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1928年昭和3年)12月18日
東口
プラットホーム

岡場駅(おかばえき)は、兵庫県神戸市北区藤原台中町一丁目にある、神戸電鉄三田線。駅番号はKB22。標高231m。

神戸三田国際公園都市の南部に位置するニュータウンである藤原台の中心駅。一時期、北神中央駅や藤原台駅への改名が検討されたが、地域住民の反対により岡場駅として現在に至る。その経緯もあってか、駅名標には「藤原台」という副駅名が記載されている。

駅構造[編集]

島式2面4線のホームを持つ、待避・交換可能な高架駅(三田側複線、新開地側単線)。ホーム有効長は6両だが、誤発車防止ATSの設置位置の関係で、三田方面の1・2番線は最大4両編成しか停まれない。一方、3・4番線は最大5両編成が停まることができ、4番線は主に新開地方面からの折り返し列車が入線する。

改札は高架下の1ヶ所のみ。改札外に構内売店がある。

のりば[編集]

1・2 三田線(下り) 三田ウッディタウン中央方面
3・4 三田線(上り) 新開地有馬温泉粟生新神戸方面

※内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。

駅周辺[編集]

駅前には大型商業施設があり、住宅が多い。

発着バス路線[編集]

利用状況[編集]

2010年の1日の乗車人員は約5,449人で、神戸電鉄内では6位。隣接する西宮市側から利用もある。

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)12月18日 - 神戸有馬電気鉄道の三田線開通と同時に開業。
  • 1947年(昭和22年)1月9日 - 三木電気鉄道との合併により、神有三木電気鉄道(現在の神戸電鉄)の駅となる。
  • 1985年(昭和60年)11月16日 - 南へ移転、高架化。

隣の駅[編集]

神戸電鉄
三田線
特快速(新開地行のみ運転、当駅まで各駅停車)
谷上駅 (KB10) ← 岡場駅 (KB22)田尾寺駅 (KB23)
急行・準急・普通
五社駅 (KB21) - 岡場駅 (KB22) - 田尾寺駅 (KB23)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]