岐阜バスコミュニティ八幡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

株式会社岐阜バスコミュニティ八幡(ぎふバスコミュニティはちまん)は郡上市に本社を置き、路線バス事業を行っていた会社である。

歴史[編集]

  • 2001年8月 岐阜バス八幡営業所を分社化して誕生。同営業所の路線の受託運行を行う。
  • 2002年10月 ジェイアール東海バスの美濃白鳥地区からの撤退に伴い、白鳥町から受託運行していた白鳥町自主運行バスの運行を引き継ぐ。
  • 時期不明 郡上市自主運行バスのうち、まめバスの運行を開始。
  • 2010年9月 同月限りで岐阜バスから運行を受託していた荘川八幡線・美濃八幡線を廃止。
  • 時期不明 白鳥町自主運行バスを濃飛西濃運輸へ移管。
  • 2012年4月 まめバスの運行を郡上タクシーに移管。
  • 2012年9月 同月限りで一般路線バスを八幡観光バス・白鳥交通に、高速バスを岐阜バスにそれぞれ譲渡して郡上市での事業から撤退。

一般路線バス・高速バスの全路線でICカード乗車券ayucaが利用できた。

運行路線[編集]

高速八幡名古屋線[編集]

名鉄バスセンター高速郡上美並郡上高校前城下町プラザ-郡上総合庁舎前-八幡営業所

  • 2000年(平成12年)7月22日に運行を開始、2012年(平成24年)9月限りで廃止。

高速白川郷線[編集]

名鉄バスセンター高速各務原高速関-八幡営業所-高速ひるがの-桜の郷荘川-白川郷(小呂)-鳩ヶ谷(役場前)

  • 冬季(12月~翌年3月)とそれ以外では運行ルートに一部変更があった。
  • 岐阜バスコミュニティ八幡の撤退に伴い、岐阜バスに路線を譲渡した。

高速八幡線[編集]

岐阜バスからの受託運行だった。詳細は当該項を参照。

一般路線バス[編集]

2012年9月限りでの運行撤退に伴い、明宝線と和良線は郡上市の事業者・八幡観光バスに、八幡白鳥線は白鳥交通にそれぞれ引き継がれて運行を継続している。[1]。これに伴い、岐阜バスコミュニティ八幡に所属していた車両の一部が八幡観光バスに転籍している。

和良線[編集]

八幡駅郡上市民病院-八幡営業所(現:五町神明公園)-城下町プラザ-郡上高校前-美山-和良病院-方須下-祖師野上

明宝線[編集]

八幡駅-郡上市民病院-八幡営業所(現:五町神明公園)-城下町プラザ-郡上高校前-中央橋-畑佐-郡上明山

八幡白鳥線[編集]

郡上白鳥-八幡営業所-郡上高校-八幡駅前

  • 1日1往復のみ大和温泉を経由する。

注釈[編集]

  1. ^ 新規事業者、八幡観光バスに決定 - 中日新聞 2012年4月6日