山颪 (妖怪)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「山颪」

山颪(やまおろし)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪[1]おろし金を頭に頂いた人型の妖怪として描かれ、頭部にはおろし金の無数の突起が毛髪のように並んでいる。

同画図の解説文ではこの妖怪を豪猪なる獣にたとえ、「豪猪といへる獣あり(略)此妖怪も名とかたちの似たるゆへにかく言ふならんと 夢心におもひぬ」と述べているが、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』では「豪猪」はイノシシのような獣とされ、背に約1尺(約30センチメートル)のが生えており、豪猪が怒るとこの針をのように飛ばすと述べられている[2]。。これは現在ではヤマアラシのことと推察されており、石燕はおろし金の突起をヤマアラシの刺にたとえ、このような妖怪を創作したと考えられている[3]。おろし金の付喪神(器物が変化した妖怪)との解釈もある[4]

室町時代の『百鬼夜行絵巻』には、頭に浅沓(あさくつ、男性貴族の履物)を乗せたヤマアラシ状の妖怪が登場しており、これをもとに山颪が描かれたとの説もある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、320頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 寺島良安 『和漢三才図会』6、島田勇雄・竹島純夫・樋口元巳訳注、平凡社東洋文庫〉、1987年、69頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、346-347頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2