山路徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山路 徹
出生 1961年9月23日
日本の旗 日本
職業 ジャーナリスト
APF通信社代表取締役)
配偶者 大桃美代子2003年 - 2006年[1]
麻木久仁子2006年 - 2010年

山路 徹(やまじ とおる、1961年9月23日 - )は、日本のジャーナリスト。株式会社APF通信社代表取締役。 元妻はタレントの大桃美代子[2][1]。前妻はタレントの麻木久仁子[2][1][3]。この他、大桃との結婚前にも一般女性との結婚歴がある[4]

経歴[編集]

東京都出身[5]TBS系列の番組制作会社に勤務後、1980年代末頃、テレビ朝日系の番組制作会社であるテレビ朝日映像に中途採用で入社。配属された「ニュースステーション」の先輩スタッフのひとりだった長井健司と出会い、「スタッフとしてのイロハ」を教わる[5]1992年12月、「株式会社APF通信社」を設立[6]。同社代表取締役に就任[7]

2010年11月7日ミャンマー(ビルマ)東部のミャワディ(タイとの国境に接する地域)で、不法入国の容疑でミャンマーの秘密警察に拘束された[8]が、その後、釈放された[9]。報道時の本名は、「松本徹」であった[9]。これまで、カンボジアパレスチナボスニアソマリアアフガニスタン等紛争地、戦争の現場の取材で活躍してきた。

著作[編集]

  • 「『正義』という名の虐殺 恐るべき国連軍の真相」(フットワーク出版、1994年)
  • 「真実の紛争地帯 マスコミが伝えられない裏側を暴く!!」(フットワーク出版、1995年)
  • 「命の対価 独立系ニュース通信社の使命」(プラチナBOOKS・主婦と生活社、2008年)
  • 「口説きの技術」(角川oneテーマ21、2011年)
  • 『修羅場を生き抜く力』光文社 2011

共編著[編集]

  • 『ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ! 福島第一原発半径20キロ圏内犬猫救出記』山路徹と救出チーム編 光文社 2011
  • 『おとなの関係 性と心とからだと愛』亀山早苗共著 中央公論新社 2012


出演[編集]

テレビ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

メールマガジン