山端庸介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山端が撮影した爆心地方面から避難する被爆者たちの姿(市内八千代町・爆心地より2.5km)

山端 庸介(やまはた ようすけ、1917年8月6日 - 1966年4月18日)は日本の写真家従軍カメラマン法政大学中退。英領シンガポール生まれ。

長崎市への原子爆弾投下直後の1945年8月10日に市内へ入り、被害の状況を撮影した。

略歴[編集]

  • 1917年 - シンガポールで父・祥玉、母・フクの間に生まれる。父は当地で写真スタジオ・写真材料商を営む「サン商会」の経営者。
  • 1935年 - 父からライカを譲り受け、本格的に写真を撮り始める。
  • 1936年 - 法政大学中退。父が経営するジーチーサン商会(サン商会を改称)にカメラマンとして就職。
ジーチーサン商会は戦時中に山端写真科学研究所と改称。1943年に東京有楽町の日劇および大阪高島屋の正面に掲げられた100畳敷写真大壁画「撃ちてし止まむ」の撮影・制作に関わったことで知られる。その後敗戦にともない解散。
同展は翌年日本の会場でも開催されるが、山端はニューヨークで展示したものとは別の、黒焦げになった少年の死体写真を引き延ばしたものを展示したため、昭和天皇の参観に際し主催者が同作品をカーテンで覆い数日後には撤去され、名取洋之助らが抗議した。
  • 1966年4月18日 - 十二指腸により死去。
  • 1995年 - 原爆記録写真の修復作業が開始。アメリカで展覧会「ナガサキ・ジャーニィー」が開催される。

長崎での撮影[編集]

山端が撮影した被爆翌日の長崎市内 / 浦上駅構内で被爆死した母子の遺体が横たえられている(市内岩川町・爆心地より約1.0km)
同上 / 放置されたトラックの前で救援を待つ被爆者たち(三菱製鋼所前・爆心地より約1.1km)

山端は1945年7月、福岡県福岡市にある陸軍西部軍報道部に徴用され、8月6日に赴任したばかりだった。8月9日、長崎への新型爆弾(原子爆弾)投下の一報を受け、軍の命令により同じ報道部員である作家の東潤、画家の山田栄二ら5人で長崎県長崎市に向う(彼に下された命は「対敵宣伝に役立つ、悲惨な状況を撮影する」ことだったという)。8月10日午前3時ごろ、長崎市郊外の長崎本線道ノ尾駅に到着、その地点で列車は不通になっていたため、焦土と化した被災地を徒歩にて縦断し、大きな被害を免れた長崎市中心部の地区憲兵隊本部に赴いた。その後再び被災地にとって返し滞在14時間で爆心地周辺など100コマを越える写真を撮影した。8月12日、フィルム現像。当時、従軍作家だった同僚の火野葦平の勧めで写真の内容を上司に報告しなかったという。

終戦後、写真の一部が『毎日新聞』など掲載されるが、9月以降はGHQによるプレスコードにより、原爆に関するすべての報道が規制された。

写真集・関連書籍[編集]

  • Rupert Jenkins(ed),Nagasaki Journey: The Photographs of Yosuke Yamahata August 10, 1945(長崎ジャーニー・ 山端庸介写真集),Pomegranate,1995 ISBN 0876543603
    • アメリカで山端の記録写真のネガを修復し展覧会を開催したジャーナリストの編集による写真集。
  • NHK取材班 『NHKスペシャル:長崎 よみがえる原爆写真』日本放送出版協会、1995年 ISBN 4140802316
    • 上記写真集をもとに制作されたNHKスペシャルのプログラム(94年8月放送)を書籍にまとめたもの。
  • 『日本の写真家 第23巻:山端庸介』岩波書店1998年 ISBN 4000083635
    • 原爆写真を含め、写真家として戦前から戦後に至るまでの仕事の全貌を紹介したもの。
  • 徳山喜雄 『原爆と写真』御茶の水書房2005年 ISBN 4275003810
  • 『長崎の美術1 写真/長崎』長崎県美術館、2005年
    • 2005年4月 - 5月に開催された、同館所蔵コレクションの展覧会の図録。山端以外に上野彦馬などの作品が収録されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]