山田朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山田 朗(やまだ あきら、1956年12月15日 - )は、日本歴史学者明治大学文学部教授、博士(史学)。歴史教育者協議会委員長[1]。専攻は日本近代史・日本軍事史・天皇制論。

来歴[編集]

大阪府豊中市生まれ。1979年愛知教育大学教育学部卒。1982年東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻修士課程修了。1985年同大学院博士課程単位取得退学。同大学人文学部助手を経て、1994年明治大学文学部史学地理学科助教授、1999年より現職。2010年明治大学平和教育登戸研究所資料館初代館長に就任。

佐々木隆爾に師事。1999年東京都立大学より博士(史学)の学位を取得。『大元帥・昭和天皇』で第20回野呂栄太郎賞を受賞。

満州事変日中戦争太平洋戦争に関する上奏文などの史料検討を通じて、戦時下の昭和天皇が、一般に論じられてきたような「軍事に疎く、戦争を忌避する平和主義者」といった性格を持つ人物ではなく、十分な軍事的知識・情報を有する存在であり、様々な戦争の局面で「御下問」「御言葉」によって積極的に戦争指導に関与していた「政戦略の統合者」「穏健な膨張主義者」であったとすると主張している。しかし昭和天皇が軍部にありがちな「精神主義」「冒険主義」に嫌悪していたと述べている。

自衛隊再編(縮小のうえ、国境警備隊と国家レスキュー隊に改編)論者とされ、時事的な政治・外交について言及した著作や映画評論もある。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『昭和天皇の戦争指導』(昭和出版、1990年)
  • 『大元帥・昭和天皇』(新日本出版社、1994年)
  • 『軍備拡張の近代史――日本軍の膨張と崩壊』(吉川弘文館、1997年)
  • 『歴史修正主義の克服――ゆがめられた<戦争論>を問う』(高文研、2001年)
  • 『昭和天皇の軍事思想と戦略』(校倉書房、2002年)
  • 『護憲派のための軍事入門』(花伝社、2005年)
  • 『戦争の日本史20 世界史の中の日露戦争』(吉川弘文館、2009年)
  • 『これだけは知っておきたい日露戦争の真実――日本陸海軍の〈成功〉と〈失敗〉』(高文研、2010年)
  • 『日本は過去とどう向き合ってきたか』(高文研、2013年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『戦争II――近代戦争の兵器と思想動員』(青木書店、2006年)
  • 『岩波ブックレット 歴史教育と歴史研究をつなぐ』(岩波書店、2007年)
  • 『歴史認識問題の原点・東京裁判』(学習の友社、2008年)

共編著[編集]

監修[編集]

  • 歴史科学協議会編『天皇・天皇制をよむ』(東京大学出版会、2008年)
  • 日吉台地下壕保存の会編『一度は訪ねてみたい戦争遺跡 本土決戦の虚像と実像』(高文研、2011年)

論文[編集]

  • 「幸徳秋水の帝国主義認識とイギリス『ニューラディカリズム』」、『日本史研究』第265 号(1984 年 9 月号)
  • 「帝国主義と軍事力編成―国家総力戦型軍事力編成を中心に―」、『歴史評論』第 422号(1985 年 6 月号)
  • 「第 4 章 軍事支配(2)―日中戦争・太平洋戦争期」、浅田喬二・小林英夫編『日本帝国主義の満州支配』(時潮社、1986 年)
  • 「日本ファシズムにおける打撃的軍事力の建設―日本海軍内の航空主兵論と海軍航空兵力の形成―」、東京都立大学『人文学報』第 185 号(1986 年 3 月)
  • 「沖縄戦の軍事史的位置」、藤原彰編『沖縄戦と天皇制』(立風書房、1987 年)
  • 「日本ファシズムにおける打撃的軍事力建設の挫折―日本海軍航空兵力の特徴およびその崩壊の軍事的要因―」、東京都立大学『人文学報』第 199 号(1988 年 3 月)
  • 「東郷平八郎の虚像と実像」、『歴史評論』第 469 号(1989 年 5 月号)
  • 「太平洋戦争は偶然に敗けたのか」、粟屋憲太郎編『日本近代史の虚像と実像』第 3巻(大月書店、1989 年)
  • 「本土決戦体制への道」、歴史教育者協議会編『 幻ではなかった本土決戦』(高文研、1995 年)
  • 「現代における〈戦争責任〉問題―天皇の〈戦争責任〉論を中心に―」、『歴史評論』第 545 号(1995 年 9 月号)
  • “ The Emperor Showa as Supreme Commander (Dai Gensui) of the Japanese Forces”(1945: Consequences and sequels of the Second World War, Bulletin of the International Committee for the history of the Second World War,1995)pp.107-114.
  • 「現代における軍事史研究の課題―日本近現代の事例を中心に―」、東京学芸大学史学会編『史海』第 42 号(1996 年 6 月)
  • 「日本軍の捕虜観―捕虜否定思想の形成と展開―」、藤原彰・姫田光義編『日中戦争下中国における日本人の反戦活動』(青木書店、1999 年)
  • 「現代における〈軍事力編成〉と戦争形態の変化」、渡辺治・後藤道夫編『講座・現代と戦争』第 1 卷〈「新しい戦争」の時代と日本〉(大月書店、2003 年)
  • 「近代日本における〈軍事力編成〉と工業技術」、大日方純夫・山田朗編『講座 現代と戦争』第 3 卷(大月書店、2004 年)
  • 「現代日本の軍事戦略と兵器体系―海上自衛隊〈16DDH〉建造の目的を問う―」、戦略研究学会編『年報 戦略研究』第 2 号(2005 年 1 月)
  • 「現代日本における女性兵士=女性自衛官」、早川紀代編『戦争・暴力と女性 3 植民地と戦争責任』(吉川弘文館、2005 年)
  • 「第二次世界大戦における日本の軍事的位置」、歴 史学研究会・日本史研究会編『日本史講座』第 9 卷〈近代の転換〉(東京大学出版会、2005 年)
  • 「近現代天皇制・天皇研究の方法試論―〈大元帥〉と〈立憲君主〉の二項対立克服のために―」、東京歴史科学研究会編『人民の歴史学』第 165 号(2005 年 9 月)
  • 「兵士たちの日中戦争」、『岩波講座 アジア・太平洋戦争』第 5 巻〈戦場の諸相〉(岩波書店、2006 年)
  • 「占領地民衆に対する大本営の認識(1931年〜1942年)─大本営陸軍部の命令に現れる「民」─」、田中利幸編『戦争犯罪の構造─日本軍はなぜ民間人を殺したのか─』(大月書店、2007年)
  • 「在日米軍基地の歴史と現在」、『歴史評論』第712号(2009年8月号)
  • 「陸軍登戸研究所の概要と登戸研究所資料館の現代的意義」、『駿台史学』第141号(2011年3月)

編纂史料[編集]

  • 『外交資料 近代日本の膨張と侵略』(新日本出版社、1997年)
  • 松野誠也共編)『大本営陸軍部上奏関係資料』(現代史料出版、2005年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]